【ASEAN】インドネシア株式投資の魅力と注意点~おすすめの新興国はどこなのか~

Pocket
LinkedIn にシェア

前回前々回と東南アジア全体の魅力と課題についてみていきました。
新興国株式投資おすすめの国はどこか:ASEANの概要と成長率
新興国株式投資おすすめの国はどこか:ASEANの魅力と課題を解説

今回は東南アジアで最大の人口を誇るインドネシアについて詳しく見ていきたいと思います。

どれくらい経済成長しているのか?

まず以下の成長率推移を見て頂くと安定して5%成長をしていることが分かります。

中国より発展途上国なのに、意外にあっさりとした経済成長率ですね。ASEANの平均的なレベルです。これからこの成長が持続的なものかということを見ていきたいと思います!

 

労働人口は増加するか?

まずは一番重要な人口ピラミッドですね。そして今後15歳以上65歳未満の労働人口が増加していくのかというポイントです。

以下をご覧ください。

(参照:インドネシアの人口ピラミッド)

綺麗な釣り鐘型で、労働人口が今後も増加し続ける形であることがわかり、人口ボーナスがこれからくるという感じの形をしておりますね。

インドネシアはイスラム教で避妊や中絶に否定的ということが、この人口に結びついていると言われています。

また人口も2065年あたりまで増え続け、3億2千万人まで増加していくの、消費という観点からも拡大していくことが見込まれます。

更に現状は一人当たりGDPは4000USDと、中所得国の罠である10,000USDまでは依然として距離がある為、まだ発展が頭打ちするリスクは暫くは少ないでしょう。

ただ今後10年の間に中所得国の罠にぶち当たる可能性は、現在の組み立てを中心とする労働集約型産業からの脱却を図っていかなければいけません。

然し労働人口の質という観点からは若干の懸念があり、それは教育水準の低さです。中学生の学力レベルは世界的に下から数えた方がはやく、経済発展を本格的に行うのにたる教育が施されているかは疑問です。

実際、日本が急速な経済発展を遂げることが出来たのも、人口ボーナスだけではなく、教育の質の高さが挙げられます。マッカーサーも日本の子供の基礎学力の高さに驚嘆し、将来この国は凄い国になるといったと言われています。

江戸時代からの論語と算盤の寺子屋教育、明治政府の教育勅語が功を奏したんですね。

産業構造

インドネシアの産業構造といえば、私は資源というイメージが強いのですが実際はどうなっているでしょうか。

意外にもかなりバランスのとれた産業構造になっているのが分かります。確かにあまり原油価格が下落した時にサウジアラビアやベネズエラ、ロシアの財政がまずいというニュースは聞きましたが、インドネシアの財政がまずいというニュースは聞きませんでしたよね。

ではGDPを産業ではなく、消費、投資、貿易という軸で分けてみましょう。

若干投資の大きさが気になりますね。かなり投資に依存した経済と言っていいでしょう。貿易先トップの中国向けの原産品の輸出の為の設備投資が主ですので、中国経済の煽りをもろに受けやすい構造だといえます。

投資過剰であると言われている中国と同じ水準です。


(参照;住友商事グローバルリサーチ)

成長の寄与という意味でいうと、消費の伸びが堅調なのは良い傾向ですが、やはりこの投資の寄与率はかなり高めであるといえます。

因みに日本や米国では個人消費が70%~80%で投資は10~15%というレベルです。

インドネシアの株式市場

インドネシアの主な株については以下のページにまとまっているのです、
インドネシアの主要株価

PERは20倍を超え時には60倍を超えているという感じで、若干割高な水準であるといえます。

株価指数は以下のように順調な右肩あがりでモメンタムは良好といえそうです。


(Bloomberg)

インドネシア株 投資手法

楽天証券やSBI証券のようなネット証券で調べると大量に投資信託やETFがでてきましたので、日本人が日本からインドネシア株式市場に投資することは容易です。

然し、このように誰でもアクセスできるような市場は大量に投資家が入り、↑で説明したように割安な水準になりにくいという欠点があります。

魅力的な新興国株式市場と投資が容易な株式市場というのは共存しにくいのです。

インドネシア株株式市場まとめ

以上のことからインドネシアは人口構造から今後も5%程度の成長が予想されるが、教育水準は低く、今後中所得国の罠を抜け出すことができるかは疑問が残る。

またGDPは投資が大きなWeightを占めており、輸出入ともにトップシェアの中国経済に大きく依存しており、中国減速と共に投資活動が抑制され成長率が減速していくおそれがある。
新興国株式投資おすすめの国はどこか:中国の抱える問題を大解剖①
新興国株式投資おすすめの国はどこか:中国の抱える問題を大解剖②

更に株式市場は堅調に上昇しているものの、PERは既に割高な水準で現在の状況で入ってもある程度の利益は見込めるかもしれないが、投資妙味が高い新興国であるとはいいがたい状況。

本当におすすめの新興国

インドネシア自体は今後も経済成長が見込めるのですが、株式市場自体が割安ではありません。

他の記事でも言及しているのですが、その点も踏まえ管理人が今最もおすすめする新興国はイランです。

簡単に理由を説明すると、
教育水準の高い労働人口の増加が続く
中東なのにエネルギーに依存しない健全な産業構造
消費中心の安定した成長
欧米からの制裁解除による海外からの貿易・投資の促進

により成長することは容易に想定できます。

それだけではインドネシアと魅力度は変わらないのですが、最も魅力的なの割安かつ高配当の株式市場す。

制裁の影響で外国人投資家の参入が抑制され、国内も強烈なインフレにより株式投資ができなかったんですね。

その為、現在イランの株式市場は以下のような状況になっています。

主要な銘柄でもPERは4~6倍 
配当利回りが15%以上の銘柄がごろごろ
投資信託やETFがでていない為、先行投資のチャンスがある

イラン株の魅力並びに投資する方法については以下に纏めていますので、参考にしてみて下さい!

新興国への投資の中でも、イラン株への投資が特に熱い理由を詳しく解説する。
今イラン株への投資が特に熱い理由を解説する(その2)
今イラン株投資が特にあつい理由をニュースを元に解説

 

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インド株式投資の魅力と注意点 〜おすすめの新興国はどこなのか〜

新興国への投資の中でも、イラン株への投資が特に熱い理由を詳しく解説する

魅力的なイラン株に投資をするのはどうすれば良いのか、方法を説明する。

新興国株式投資特集:新興国経済の現状と今後を確認する

NO IMAGE

【ASEAN】タイ株式投資の魅力と注意点~おすすめの新興国はどこなのか~

【BRICS】ロシア株式投資の魅力と注意点1~おすすめの新興国はどこなのか~