インドネシア株式市場の魅力と注意点 〜おすすめの新興国投資はどこ?〜

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!ワタルです!

前回前々回と東南アジア全体の魅力と課題についてみていきました。
新興国株式投資おすすめの国はどこか:ASEANの概要と成長率
新興国株式投資おすすめの国はどこか:ASEANの魅力と課題を解説

今回は東南アジアで最大の人口を誇るインドネシアについて詳しく見ていきたいと思います。

どれくらい経済成長しているのか?

まず以下の成長率推移を見て頂くと安定して5%成長をしていることが分かります。

インドネシアの経済成長率

中国より発展途上国なのに、意外にあっさりとした経済成長率ですね。ASEANの平均的なレベルです。

ただリーマンショックのような世界的な危機発生時においても、5%程度の成長を維持しているところは特筆にあたります。

今後も現在巡航で達成している成長が持続的なものかということを詳しく紐解いていきたいと思います!

労働人口は増加するか?

まずは一番重要な人口ピラミッドですね。そして今後15歳以上65歳未満の労働人口が増加していくのかというポイントです。

以下をご覧ください。

インドネシアの人口ピラミッド(参照:インドネシアの人口ピラミッド)

綺麗な釣り鐘型で、労働人口が今後も増加し続ける形であることがわかり、人口ボーナスがこれからくるという感じの形であることが分かりますね。

インドネシアはイスラム教で避妊や中絶に否定的ということが、この人口に結びついていると言われています。

また人口も2065年あたりまで増え続け、3億2千万人まで増加していきますので、消費という観点からも拡大していくことが見込まれます。

更に現状は一人当たりGDPは4,000USDと、中所得国の罠である10,000USDまでは依然として距離がある為、直近でまだ発展が頭打ちするリスクは暫くは少ないでしょう。

ただ今後10年の間に中所得国の罠にぶち当たる可能性は、現在の組み立てを中心とする労働集約型産業からの脱却を図っていかなければいけません。

然し教育水準の低さという観点からは労働人口の質という側面で若干の懸念があります。

中学生の学力レベルは世界的に下から数えた方がはやく、経済発展を本格的に行うにたる教育が施されているかは疑問です。

実際、日本が急速な経済発展を遂げることが出来たのも、人口ボーナスだけではなく、教育の質の高さが挙げられます。マッカーサーも日本の子供の基礎学力の高さに驚嘆し、将来この国は凄い国になるといったと言われています。

江戸時代からの論語と算盤の寺子屋教育、明治政府の教育勅語が功を奏したというわけです。

産業構造

インドネシアの産業構造といえば、私は資源というイメージが強いのですが実際はどうなっているでしょうか。

以下インドネシアの産業別のGDPの構成をご覧ください。

インドネシア産業別GDP構成

意外にもかなりバランスのとれた産業構造になっているのが分かります。

確かに原油価格が下落した時にサウジアラビアやベネズエラ、ロシアの財政がまずいというニュースは聞きましたが、インドネシアの財政がまずいというニュースは聞きませんでしたよね。

ではGDPを産業ではなく支出面つまり消費、投資、貿易という軸で分けてみましょう。

インドネシアのGDPの支出面での構造

若干投資の大きさが気になりますね。かなり投資に依存した経済と言っていいでしょう。貿易先トップの中国向けの原産品の輸出の為の設備投資が主ですので、中国経済の煽りをもろに受けやすい構造だといえます。

投資過剰であると言われている中国と同じ水準です。

インドネシアの成長率の支出面での寄与度の推移
(参照;住友商事グローバルリサーチ)

成長の寄与という意味でいうと、消費の伸びが堅調なのは良い傾向ですが、やはりこの投資の寄与率はかなり高めであるといえます。

因みに日本や米国では個人消費が70%~80%で投資は10~15%というレベルです。

インドネシアの株式市場

ここまでで経済発展力は強いですが、不安定な経済構造であることが分かりました。

また経済が強いからといって株式市場が魅力的とは短絡的に結論付けることが出来ません。

今後経済が堅調に成長したとしても、成長を市場が織り込んで先に株式が買い上げられていれば株価自体は割高な水準になってしまいますからね。

インドネシアの主な株については以下のページにまとまっております。
インドネシアの主要株価

PERは20倍を超え時には60倍を超えているという感じで、割高な水準であるといえます。

株価指数は以下のように順調な右肩あがりでモメンタムは良好といえそうです。

しかし、この形からも分かるように今後の経済の成長を先々まで織り込んで既に上昇してしまっており、旨味が少ないとみることも出来ます。

インドネシアの株価指数
(Bloomberg)

インドネシア株 投資手法

楽天証券やSBI証券のようなネット証券で調べると大量に投資信託やETFがでてきましたので、日本人が日本からインドネシア株式市場に投資することは容易です。

然し、このように誰でもアクセスできるような市場は大量に投資家が入り、↑で説明したように割安な水準になりにくいという欠点があります。

魅力的な新興国株式市場と投資が容易な株式市場というのは共存しにくいのです。

インドネシア株株式市場まとめ

以上のことからインドネシアは人口構造から今後も5%程度の成長が予想されるが、教育水準は低く、今後中所得国の罠を抜け出すことができるかは疑問が残る。

またGDPは投資が大きなWeightを占めており、輸出入ともにトップシェアの中国経済に大きく依存しており、中国減速と共に投資活動が抑制され成長率が減速していくおそれがある。
新興国株式投資おすすめの国はどこか:中国の抱える問題を大解剖①
新興国株式投資おすすめの国はどこか:中国の抱える問題を大解剖②

更に株式市場は堅調に上昇しているものの、PERは既に割高な水準で現在の状況で入ってもある程度の利益は見込めるかもしれないが、投資妙味が高い新興国であるとはいいがたい状況。

新興国への株式投資で成功するには

本記事で分析した通り、インドネシア自体は今後も経済成長が見込めるのですが、株式市場自体が割安ではありません。よって投資魅力は大きくはないでしょう。

しかし、実際に分析を進めていくと、インドネシアに関わらず、新興国とされている国の多くは、すでに投資するには遅過ぎる(=割安とは言えない)という状態になってしまっているのです。

新興国の株式投資で個人投資家が収益をあげるにはどうすれば良いのか。私はこれまでの自身の経験から、新興国投資で収益を上げるに当たって、大きく3つ、困難な点が存在すると考えています。

1) そもそもどの国の株式市場が成長余力を保有しつつ割安に保たれているのか、全ての国の市場を分析するのが難しい

2) 魅力的な株式市場において、どの固有銘柄が市場の上昇以上の伸びを見せる有望銘柄なのか、個別株の分析が難しい(特に、言語の壁もあるので)

3) 先行者利益が得られるような本当に有望な新興国というのは、大抵、法整備などが整っておらず、投資に当たっての手続きが煩雑

私自身は、このような困難を乗り越えて真に魅力的な新興国へ資金を投下するため、新興国投資を専門的に行っているヘッジファンドに資金を預けています。

例えば、私が投資しているファンドの一つにフロンティア・キャピタルという新興国投資ベースのヘッジファンドがありますが、彼らは世界中の有望な株式市場を網羅的に分析し、その中でも優秀な企業に対して集中的に投資を行っています。

 

現在同社が注力して投資を行っている新興国市場の一つに、イランの株式市場があるようですが、イランはインドネシアと比べ投資対象として非常に魅力的です。

魅力的な新興国市場

まず前提としてイラン経済は成長余力が高く、理由は以下のようなものです。

  • 教育水準の高い労働人口の増加が続く
  • 中東なのにエネルギーに依存しない健全な産業構造
  • 消費中心の安定した成長
  • 欧米からの制裁解除による海外からの貿易・投資の促進

ただ、成長性だけで言えばインドネシアも引けを取りません。イランが投資先として優れているのは、まだ外資が入っていないため、割安かつ高配当のまま株式市場が放置されているからなのです。

これは制裁の影響で外国人投資家の参入が抑制され、国内も強烈なインフレにより株式投資ができなかったことが要因です。その為、現在イランの株式市場は以下のような状況になっています。

  • 主要な銘柄でもPERは4~6倍 
  • 配当利回りが15%以上の銘柄がごろごろ
  • 投資信託やETFによってイランに投資することはまだ出来ない

フロンティア・キャピタルはイラン株が非常に魅力的であることにいち早く気付き、イラン当局からイラン株投資許可をえるために動きだし、2017年に恐らく日本人で唯一イラン株に投資する権利を取得したそうです。

こういったアプローチは、個人では難しい動きです。

新興国への株式投資で成功したいという場合には、こういった新興国投資のプロに資金を預けて他者に先駆けてエマージングマーケットの成長を享受することを考えるのも方法の一つだと思います。

パキスタンの株式市場の例もあるように、大手の証券界者が乗り出しETFや投資信託を組成しだしたときに、その国の株価は本格的に上昇していくのです。その一歩手前に、何かしらの方法でその市場へ投資をしていることが大切です。

以上。新興国へのエッジの効いた株式投資を行っているヘッジファンドであるフロンティア・キャピタルについて詳しく知りたい方は以下からどうぞ。

⇒ フロンティア・キャピタル(Frontier Capital)の投資ファンドとしての魅力やリスクを解説する

また新興国に投資する際のおすすめ度ランキングは以下にまとめいますので、興味ある方はのぞいてみて下さい。

それでは。

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フィリピン株式投資の魅力と注意点~おすすめの投資先はどこ?~

中国経済は崩壊間近?2018年からの暗い見通しー過剰投資・過剰債務・過剰労働力ー

イラン株投資の魅力を個別銘柄を用いて解説する①

【ASEAN】ラオス株式投資の魅力と注意点~おすすめの新興国はどこなのか~

NO IMAGE

【BRICS】ロシア株式投資の魅力と注意点2~おすすめの新興国はどこなのか~

今イラン株への投資が特に熱い理由を解説する(その2)