ネットネット株って何?ベンジャミン・グレアムの投資手法を分かり易く解説<図解有り>

Pocket
LinkedIn にシェア

最近新興国のことばかり書いていたので、ちょっと箸休めのベンジャミン・グレアムのネットネット株について、非常に分かり易く書いていきたいと思います。

ベンジャミン・グレアムが彼の名著「賢明なる投資家」の中で正味流動資産株としてネットネット株は紹介されています。

第15章積極的投資家の株式銘柄選択の中の第一項のグレアム・ニューマン社が行った売買方式の概要の中に記載があります。

ちなみにグレアム・ニューマン社とはグレアムが建てた世界発のヘッジファンド(バフェット談)であり素晴らしいパフォーマンスを残していました。(でないとバフェットの師となり得ないわけですが)

原文の表現をそのまま記載すると

正味流動資産のみを考えた(つまり、工場設備を含むその他の資産は考慮に入れない)簿価よりも安い価格で買える株をなるべく多く取得する。われわれがが買い付けた銘柄の殆どは、この「スリム化された」資産価値の三分の二以下の価格で入手したものである。

と記載されています。流し読みすると、???となるかたもいらっしゃると思います。

今回はこのベンジャミン・グレアムが公開した投資手法を図を用いながら、分かり易く解説していこうというものです。

正味流動資産って?

まず最初の第一語目から難題を突き付けてきますね、なんですか正味流動資産て?という感じでしょう。

少しかみ砕くと、ネットで残った流動資産というものです。

まずバランスシートは以下のような構成になります。この流動資産というのは原則として一年以内に現金化できる、つまり回収される資産のことで、現金預金、売掛金、受取手形、有価証券などの現金性資産と商品、原材料、仕掛品などの棚卸資産等があります。

固定資産というのは流動性資産以外の資産です。

通常は↑のように流動性資産から総資産を引いたらマイナスになる企業が多いのですが、以下のような企業も存在しています。

つまり流動性資産だけで総負債を上回るような企業が存在しています。そして上の図で図示した部分が正味流動性資産です。

時価総額

次にグレアムは正味流動性資産の3分の2以下で買える企業を買うといっていますが。

企業を買うには時価総額を払わないといけません。要は企業のお値段ですね。

これは一株あたりのお値段でもある株価に株数を掛け合わせことにより求められます。

ベンジャミン・グレアムのネットネット株

今までのことからベンジャミン・グレアムのネット・ネット株を図示すると以下のようになります。

最大限にかみ砕いたつまりです我ながら笑

グレアムのネットネット株の改良版

グレアムのネットネット株について一つ不確かなことがあります。

それは流動資産にはいっている商品、原材料、仕掛品は本当にその価格があるのか分かりません。

実際には売れないのに、商品として資産として計上されているというパターンがあります。

その為、グレアムの手法を若干改良して資産を現金性資産とそれ以外の事業性資産に分けます。

現金性資産は現金、売掛金、受取手形、有価証券等の現金又は現金に換金できる資産で、事業性資産は事業につかう商品や設備、建物、はてはのれん等の無形固定資産です。

この現金性資産から総負債をひいたバフェットの正味流動性資産より保守的な純資産が時価総額より大きい銘柄を投資対象とします。

(現金性資産 - 総負債 )> 時価総額

図示すると以下の通りです。

この基準を満たす企業の意味するところは、今その企業の株を買い占めて、その企業を解散させれば最低でも保守的純資産と時価総額の差を利益として得られるということを意味します。

買った瞬間に最低でも以下の金額を理論的に得られるんですね。

この条件を満たす銘柄の例として以前個別銘柄研究で研究したものがあるので参考にしてみて下さい。バリュー株銘柄研究①丸八ホールディング(2018年1月25日)

ネットネット株の欠点

これはグレアム自体も指摘している点なのですが、値上がりするまでの時間が数年単位でかかることを課題としています。

そして、彼の創設したグレアム・ニューマンファンドも大量に株を取得して、企業の経営権を取得して自ら経営に提言を行いながら、積極的な株価向上策を取っていました。

保守的純資産価値は自己株買によって変わりません

確かに現金を使って自己株という有価証券を買いますが、現金も有価証券も現金同等資産である為、現金性資産の総額はかわらないのです。

(自己株買前)
現金

(自己株買後)
現金ー自己株買に使用した現金①+自己株買した有価証券②
①=②である為、自己株買前と自己株買後では保守的純資産価値は不変となります。

そして、市場に流動している発行済株式数が少なくなるので、結果的に以下のように1株あたりの純資産価値は上昇します。

 

つまり株価は上昇する方向に働きます。

実際には企業がプレスリリースで自己株買を行うと発表すると、株が買われて今まで不当に評価されていた分が再評価されて、自己株買の効果、上の図でいう1株あたり純資産価値の増加分以上に株価が上昇します。

おすすめの投資手法

ネットネット株を見つけて投資を行い、じっと上がるのを待つのもいいですが、まず企業の財務諸表を詳細に分析するのは、かなり骨を折りますし時間もかかるので投資効率も悪くなります。

実際提唱者のグレアムもしびれを切らして経営権を取得したりしていますからね。

私がおすすめするのは個人でバリュー株投資を行うのもよいですが、グレアム・ニューマンファンドと同じことを行っているファンドに投資を行うことにより、下落率が低く安定的な利回りを上げることをよりおすすめします。

私が投資している国内のヘッジファンド(BM CAPITAL)では同様の手法で過去創設以降マイナス運用はなく、毎年平均10%以上の成績を上げ続けています。グレアムにも勝るような成績ですね。

私募のファンドについては投資信託等と違い世の中に情報も多く出回っていないため、自ら問い合わせをして能動的に投資を依頼していく必要があります。私の個人的におすすめの投資先については以下にまとめていますので参考にして頂ければと思います。

【参照】
真のバリュー株投資を行っているヘッジファンドBMキャピタルの詳細

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ひふみ投信創設者藤野英人氏の思考法1~投資バカの思考法を読んで~

トマ・ピケティ「21世紀の資本論」をわかりやすく要約~資産運用の必要性を説く~

バフェットの師、ベンジャミングレアムの投資手法とその弱点

バフェット流の銘柄選択手法①:概念編

リーマンショック最大の勝者ジョン・ポールソンについて~著名ヘッジファンド特集~

バフェット流の銘柄選択手法⑤:市況要因による株価の買い時