フィリピン株式投資の魅力と注意点~おすすめの投資先はどこ?~

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!ASEAN特集第五弾ですね。ASEANて10カ国あるんでまだ漸く半分を折り返したところでしょうか。マラソンでいうと25km地点ですね。

今回は成長国として名高いフィリピンについ現在の成長並びに、今後の見通しと懸念点更に株式市場がどうなっているのかを見ていきたいと思います。

フィリピンの概要

まだ私もフィリピンにいったことないですが、フィリピンの首都がマニラで、セブというリゾート地があり、ドトルテという強権の人が大統領をしているというイメージがあります。

私が総合商社で為替部門で働いている時も、たまにフィリピンペソを調達する案件もあったので、日本からもそれなりにビジネスがあるのでしょう。

【人口】1億100万人 (意外に多いなと驚きました)
【面積】30万km2 (日本の8割。ということは人口密度高いですね)
【民族】マレー系が主体
【言語】フィリピノ語又は英語
【宗教】9割型がキリスト教(これすごい意外ですよね!?)
【一人あたりGDP】3,000USD
中所得国の罠である10,000USDまでほど遠いので労働集約型産業で成長は可能でしょう。
【直近成長率】6.8%
新興国の中でも高い数値ですね。後で詳しく見ていきます
【直近インフレ率】1.4%
徐々に低下していき、直近1.4%です。国内の需要が弱いのか気になりますが、金融政策上は緩和方向の政策が取られやすい水準です。

私個人の印象としては予想以上に貧しく、予想以上に成長しているなといった感じです。それでは、この経済成長が過去からどう推移してきたのか、今後どうなっていくのかを紐解いていきます。

経済成長の推移

上で記載した成長率が一過性のものであれば、参考にならないので過去からの推移を見てみましょう。

フィリピンの成長率

如何でしょうか、リーマンショックで落ち込む局面もありましたが、その後は安定して6%~7%の水準で推移していますね。比較的安定して成長していっているといえるでしょう。

絵画からの出稼ぎ送金や国内コールセンター業務の拡大、治安改善による海外からの投資の増加が成長をけん引しています。

この出稼ぎ送金がばかにならない金額で、人口の1割が海外で暮らし送金額はGDPの1割に上ります。確かに日本でもフィリピンからの出稼ぎの人よく見ますよね。

それでは、この成長は持続可能なのかという点を見ていきます。

人口動態

人口ボーナスが継続するのかどうか、つまり人口は増えて、労働人口は増加していくのかというのが、成長の第一要件になります。

以下フィリピンの人口ピラミッドになります。

フィリピンの人口ピラミッド

正直いままで見てきた各新興国のピラミッドの中で最も美しいですね。否の付け所がなく、今後人口並びに労働人口の増加を伴いどんどん成長していくことが予測されます。

教育については最低限の識字率は96%と問題ない水準ですが、依然として所得が低いため高等教育まで進める児童は少ない模様です。

これが、中所得国の罠を超えようとする国でしたら問題ですが、まだ一人当たりGDPは3,000USDと非常に低く、労働集約的な工業で発展可能なレベルなので識字率と最低限の計算が出来れば問題ないでしょう。

私の祖父の時代は中学までで精一杯という家が多く、高卒ばかりでしたからね。ただその後の日本の急速な発展を考えると、この段階では基礎数学と識字率程度で問題ないでしょう。

産業

それではフィリピンの産業構造はどのよになっているのでしょうか。以下は各産業のGDP構成比です。

フィリピンの産業別GDP

バランスのよい産業構造だと思います。サービス業中心の良い経済ですね。因みに日本の外務省によると、フィリピンの貿易構造は以下のようになっています。

【輸出】半導体、輸送用機器等
【輸入】中間財、通信機器、電子機器、燃料

つまり外資企業が人件費の安いフィリピンで原料を輸入して、組み立てて最終製品を作って輸出しているという構造ですね。タイと似ていますね。

それでは貿易先を見ていきましょう。

【フィリピンの輸出先】
フィリピンの輸出先

【フィリピンの輸入先】
フィリピンの輸入先

正直驚きました、他のASEAN諸国が中国並びにASEAN諸国に過度に偏重しているにも関わらず、フィリピンは日本と米国といった西側諸国を重視し、バランスの取れた貿易相手構造だと思います。

中国とASEANに偏重すると、中国がこけるとASEANもこけて甚大な影響を蒙りますからね。中国の抱える問題点については以下に纏めておりますので参考にしてみて下さい。

新興国株式投資おすすめの国はどこか:中国の抱える問題を大解剖①
新興国株式投資おすすめの国はどこか:中国の抱える問題を大解剖②

バランスの良い成長構造

経済成長が政府の投資や民間の投資に依存した中国のような成長構造ですと、いつか供給過剰、過剰債務問題などのがたがきます。

理想的な成長は内需の拡大によって齎されます。

経済成長の寄与をGDPの五大要素並びの産業毎で分解したものをご覧ください。

フィリピンのGDPの寄与度
(参照:ニッセイ研究所)

中国のように投資主導の成長だと、いつか過剰生産能力を抱え込む可能性があります。

然し、フィリピンはまだまだ成長段階であるにも関わらず、投資先行ではなく確りと内需の拡大を伴った健全な成長を行っていることが分かりますね。

政治の状況

今まで経済についてみる限り特に死角は見当たりませんが、タイのように政治が混乱すると経済に影をおとします。

日本人のイメージとしてドトルテ大統領は横柄で信用にたる人物なのかというイメージを想起させますが、フィリピンに政治はどのような状況になっているでしょうか。

フィリピンは治安が非常に悪かったのですが、前大統領であるアキノ大統領が治安を改善させて、海外からの投資を呼び込むことに成功しています。

後をついだドトルテ大統領は治安が悪かったミンダナオ島ダバオ市の治安を大幅に改善させた市長としての手腕をかわれ2016年から大統領に就任しています。

この治安改善の流れを加速させ海外からの投資を呼び込むと共に、インフラ投資の促進を継続していくことにより更なる発展が見込めるでしょう。

フィリピンの株式市場ー指数チャートの形状と見通しー

正直ここまで書いてきてASEANで投資をするならフィリピンが一番有望だと考えています。

では株式市場自体はどうなってるんでしょうか、以下現在までの5年間のフィリピンの主要指数をご覧ください。

フィリピン株式指数のチャート
(引用:フィリピン株式指数-Reuterより-

経済成長の度合いに対していうと、伸びが緩いという印象をうけます。

株式というのは国民の生活レベルに余裕が出てくる1人あたりGDPが5000~8000USDの時に上昇する特徴がありますが、まだ現在はフィリピンはその水準ではないため、実需に基づく不動産の伸びが大きかったのです。(現在不動産ブームは終盤を迎えていますが)

日本も不動産価格が1960年代に上昇し、株価が本格的に上昇したのは1980年代と時差があるので、フィリピンはまだ本格的に株価が上昇する時期ではないということですね。

フィリピンの個別銘柄-割高で低い配当利回り-

先程は指数についてみてきましたが、個別銘柄はいくらでしょうか。

フィリピン主要企業の株価

如何でしょう。やっぱり魅力的な国なので外国からの資金が集まっている為か、バリュエーションとしてはPERが20倍を超えている企業が多く若干割高ですね。

今後成長していくことを考えるとPER20倍というのは若干割高ではありますが、投資しても中長期でみれば本格的な上昇局面を捉え確りとペイしてくれるものと思います。

また配当性向も2%台~5%台と高くありません。一概に悪いというわけではなく、成長余地が大きく配当還元よりも再投資のほうが結果的に株式価値最大化につながると考えた結果とすればポジティブともいえます。

フィリピン株の買い方ーSBIでも購入できない個別銘柄を購入できる証券会社とは?ー

指数に連動するETFや投資信託については野村證券や楽天証券やSBI証券のネット証券でも手軽に購入することが出来ますが。

個別銘柄に関しては新興国株に強みのあるSBI証券でも取り扱いがなく、取引できるのはアイザワ証券のみとなります。

まだまだ本格的に日本の証券会社も進出できていないわけです。

新興国市場への株式投資で成功する為には

今回みてきたフィリピンは、政治、経済と死角が少なく、間違いなくアジアで最も魅力的な株式市場の一つであると言えると思います。

しかし、株式市場が若干高騰してしまっている印象があります。これはETFや投資信託、個別株を私達のような外人が気軽に取引できる環境があることが原因なんですね。

全員が取引できると、フィリピンの魅力に気付いたアナリストや証券会社のすすめに従って買う人も出てきてしまうので、将来の成長を織り込んで株価が上がってしまうのです。

新興国の分析を進めていくと、フィリピンに関わらず、新興国とされている国の多くは、フィリピン同様、国としては魅力的だが投資をするには遅過ぎるという状態になっていることに気がつきます。

では、新興国の株式投資で個人投資家が収益をあげるにはどうすれば良いのでしょうか。

私はこれまでの自身の経験から、新興国投資で収益を上げるに当たって、大きく3つ、個人投資家にとって困難な点が存在すると考えています。

1) そもそもどの国の株式市場が成長余力を保有しつつ割安に保たれているのか、全ての国の市場を分析するのが難しい

2) 魅力的な株式市場において、どの固有銘柄が市場の上昇以上の伸びを見せる有望銘柄なのか、個別株の分析が難しい(特に、言語の壁もあるので)

3) 先行者利益が得られるような本当に有望な新興国というのは、大抵、法整備などが整っておらず、投資に当たっての手続きが煩雑

私自身は、このような困難を乗り越えて真に魅力的な新興国へ資金を投下するため、新興国投資を専門的に行っているヘッジファンドに資金を預けています。(参考:ヘッジファンドの投資手法の種類とヘッジファンドの顧客について解説する

彼らは株式投資のプロとして、世界中の有望な株式市場を網羅的に分析し、その中でも優秀な企業に対して集中的に投資を行っています。

一例として、私が投資しているヘッジファンドが現在注力している市場にイランの株式市場がありますが、イランはフィリピンと違い、投資魅力がまだまだ非常に大きく残されています。

大前提としてイラン経済はインド同様、理想的な人口構造に加えて消費中心の安定した成長を遂げており、将来有望な新興国です。

しかしイランが特に投資先として優れているのは、まだ外資が入っていないため、割安かつ高配当のまま株式市場が放置されているからなのです。

これは制裁の影響で外国人投資家の参入が抑制され、国内も強烈なインフレにより株式投資ができなかったことが要因です。その為、現在イランの株式市場は以下のような状況になっています。
・ 主要な銘柄でもPERは4~6倍
・ 配当利回りが15%以上の銘柄がごろごろ
・ 投資信託やETFによって外国人がイランに投資することは、まだ出来ない

私の投資先のヘッジファンドはイラン株が非常に魅力的であることにいち早く気付き、イラン当局からイラン株投資許可をえるために動き出し、2017年に恐らく日本人で唯一イラン株に投資する権利を取得したそうです。

こういったアプローチは、個人では難しいでしょう。

新興国への株式投資で成功したいという場合には、こういった新興国投資のプロに資金を預けて他者に先駆けてエマージングマーケットの成長を享受することを考えるのも方法の一つなのではないかなと思います。

パキスタンの株式市場の例もあるように、大手の証券界者が乗り出しETFや投資信託を組成しだしたときに、その国の株価は本格的に上昇していくものです。その一歩手前に、何かしらの方法でその市場へ投資をしていることが大切です。先行者利益をどのように得るかが、新興国市場への投資における最も重要なポイントだと私は考えます。

以上。上記で言及した、新興国への株式投資を行っているヘッジファンドであるフロンティア・キャピタルについて詳しく知りたい方は、以下からどうぞ。

⇒ フロンティア・キャピタル(Frontier Capital)の投資ファンドとしての魅力やリスクを解説する

また、ファンドやETFを含め、新興国に投資する際のおすすめ度ランキングは以下にまとめていますので、興味ある方はのぞいてみて下さい。

それでは!

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新興国株式投資でETFや投資信託をおすすめできない理由~どうすれば一番儲かるのか...

中国経済は崩壊間近?2018年からの暗い見通しー既に人口ボーナスは終了ー

海外株式投資のおすすめ配当金投資法について解説~魅力的な配当利回りの国はどこなの...

今イラン株への投資が特に熱い理由を解説する(その2)

イラン株投資の魅力を個別銘柄を用いて解説する①

【まとめ】新興国に投資する際に抑えておきたいリスク