ヘッジファンドに預ける際に注意したいリスクを徹底解説

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!ワタルです。

私は自身のポートフォリオの40%程度を日本のヘッジファンドに預け入れておりますが、ヘッジファンドへの投資を行う際に注意しなければいけない点について解説していきたいと思います。

今回のポイント
・詐欺ファンドには主にポンジ・スキームと架空ファンドがある
・ポンジ・スキームは運用を行わず新規出資者の資金を既存投資家の配当金とする
・架空ファンドは更に悪質で、そもそも存在しないファンドである
・両者は過大な利回りや投資成果を保証する宣伝を行うという特徴がある
・着実に資産を築きたいのであれば、ハイレバレッジ運用のファンドは避けるべき
・ヘッジファンドは短いもので四半期長ければ1年の資金拘束期間がある

 

そもそも詐欺ファンドである可能性がある

折角大切な資産を預けたとしてしても、そのファンドが実際に存在しない、または暫くたったら蒸発してしまう可能性には留意する必要があります。

ヘッジファンドというのは、投資信託のように公募という形で証券会社や銀行を通して大々的に宣伝するのではなく人伝いに資金を募集している私募という形式を取っています。(参照:公募ファンドと私募ファンドの違いを説明する)

その為、世の中には残念ながら詐欺ファンドというものが存在します。

よくある詐欺ファンドの種類と、その見分け方について説明していきたいと思います。

ポンジ・スキーム

これは投資家から資金を集めて、運用はせずに新たに出資をしてくれた投資家からの資金を収益と偽って最初に投資してくれた投資家に分配をするというスキームです。

当然、運用から得た収入ではないので、このようなファンドが長続きするわけもなくファンド運用者が投資かから集めた資金を持ち逃げして蒸発するという詐欺ファンドです。

ポンジ・スキームを用いている詐欺ファンドでは新規の出資者からの出資が既存の投資家へ支払う配当金よりも大きい場合は、ファンドが大きくなるので存続します。

しかし、次第に既存の投資家への配当金支払い金額の方が、新規出資者より大きくなりファンド規模が縮小しだすという局面になると、今まで集めた資金を持って蒸発するのです。

 

ポンジ・スキームで成り立っているファンドは投資家から出来うる限り迅速に、かつ大量の資金を集める必要がある為投資家にとって魅力的なワードで宣伝してきます。例としては以下のような文言が多いです。

・毎日投資元本の1%を配当
・月利10%以上
・年利100%以上

等々、所謂HYIP (High Yield Investment Program)と言われるような、高額配当を喧伝しているファンドにポンジ・スキームは多く見られ、特に昨年2017年度は仮想通貨で大流行してHYIPが出来ては蒸発、出来ては蒸発を繰り返しました。

そもそも投資会の巨人Buffetですら年利20%そこそこの収益しか出せていないのに、このような非現実的な利回りを達成することは真っ当なファンドでは不可能です。

次に投資利回りを約束するようなファンドも大変怪しいです。

投資なので絶対はありません、特に日本人は元本保証を大変好む傾向にありますので、元本保証で10%以上等の甘い投資文句に乗ってしまっては、元本全てを失う可能性があることに注意いただければと思います。

投資にはリスクがつきもので、投資家が目指すべきは最小限のリスクでより高いリターンを追求することであるという本質を忘れてはいけません。

架空ファンド

ポンジ・スキームより更に悪質で、そもそもファンドが存在しないというものです。

資金を振り込んだら最後、なんの音沙汰もなく完全に振り込んだら終わりです。

特徴としてはポンジ・スキームと似ております。更にポンジ・スキームが新たな投資家からの流入資金が最初の投資家への支払いを上回る限りは存続しますが、このような架空ファンドはすぐサイトが閉鎖となったりします。

詐欺ファンドの見分け方

上記のような詐欺ファンドは当然犯罪ですので、ファンドの運営メンバーが実際に投資家に会うことはありません。

大切な資産を預けるにあたっては、ネットだけの情報ではなく実際にファンドのメンバーと会って話を聞いてみましょう。

>>管理人おすすめファンドランキングはこちら

また、ファンドによっては小規模な企業の株を大量に保有しているケースもある為、実際に運用を行っているかの確認として、大量保有報告書を出しているかを確認してみるのも一つの方法です。

価格下落リスク

今回最も重要な点ですが、今まで説明してきたような詐欺ファンドとは異なり、資金を預かり運用を行う投資信託、ヘッジファンド、PEファンド全てが抱える価格変動下落リスクです。

この価格変動はリスクであると同時にリターンの源泉でもあります。資産運用においては取るべきリスクであり、最小限のリスクで最大限のリターンを目指すことが資産運用の本質といえます。

今回私が注意していただきたいのはレバレッジを効かせて投資を行っているファンドへの投資です。

ヘッジファンドの中には投資家から集めた資金をテコに借入を行いレベレッジを効かせることにより、投資家の資金の何倍もの資金で投資を行うファンドがあります。

当然利益がでたときはレバレッジを効かせた分、何倍にも膨らむ一方、損失がでたときも損失額が何倍にも膨らみます。

例えば1000万円出資してレバレッジ3倍のファンドで運用して、10%の損失が発生した場合元本は10%の3倍の30%毀損することとなります。

 

ここで複利効果の偉大さと注意点で記載しましたが、一度大きくマイナスに落ち込んだ利回りを挽回するのは非常に大変です。

先程の例ですと1000万円を預けて、一年目に▲30%の損失を出した場合資産は700万円となります。

ここから元の1000万円まで回復させるためには+30%では910万円にしかならず、元本回復の為には+42.8%の収益が必要となります。

このことから長期的に大きな資産を築いていく為には、資産価値が出来うる限り下がりにくい運用戦略を取っているファンドを選ぶことが長期的な資産運用にむいているでしょう。

私は理論的に考えて、資産下落リスクが極力低く抑えられる本格的なバリュー株投資を投資戦略の基本に据えたヘッジファンドと自己での個別株投資を行っています。

何故本格的なバリュー株戦略の元本安全性が高いのかという点については、バリュー株投資ファンドの運用手法をご覧いただければと思います

またレバレッジが掛かっている場合は、カウンターパーティーリスクも考えないといけません。ヘッジファンドがカウンターパーティー経由でレバレッジを掛ける為の資金を調達している場合、カウンターパーティーに担保を積んでおり、カウンターパーティーが破綻した場合はファンドの運用成績が好調であったとしても大きく資産が失われる可能性も考慮しないといけません。

遊びに使ってもいいような余剰資産であれば、ハイレバレッジのファンドにいれて一発あてることを狙うのも手ですが、自分の大切な資金を運用するのであれば、その用途に適したレバレッジを掛けずに安定的な運用を行っているファンドを採用することを考える必要があるでしょう。

最低出資額の敷居の高さ

私募であるヘッジファンドに関しては法的な理由で、投資家の数が制限されております。そのため、公募の投資信託のように1000円から投資できるような形態にすると、ファンドの資金が大きくなりません。

そのため、一人当たりの投資金額に最低金額を設けているファンドが殆どです。

ヘッジファンドでは投資信託のような公募ファンドのように宣伝を行わず、投資家を絞る一方、投資信託のように目論見書に縛られ投資先を公開することもなく有能なファンドマネージャーの裁量によって収益を追求していくことができるようになります。

海外の有名ヘッジファンドでは最低投資金額が1億円以上のものもあり、相当な富裕層しか投資できないものが殆どですが、数百万円からでも投資できて安定した利回りを上げ続けているファンドも存在します。

流動性が高くなく、解約できる時期が決まっている。

 投資信託では比較的簡単に解約することが出来ますが、ヘッジファンドでは上で説明したように、一人当たりの投資家の金額が大きい為、一人の投資家が解約することによりポートフォリオを再構築しなければいけないことにもなりかねません。

そのため、四半期に一回、または半年に一回といったタイミングでしか資金を引き揚げることができないというファンドが多いです。

然し、そもそも長期間に亘って資産を預けられる信用のおけるヘッジファンドに預けているのであれば、頻繁に入れ替える必要もないので最初の選択が重要であるということです。(参照:ヘッジファンドの解約ルールと、ロックアップ期間について)

総括

要諦すると、以下のようなファンドを選ぶことにより長期的な資産形成をおこなっていくことが出来るといえます。

実際にファンドとして確りと運用により収益を上げている。
過度なリスクをとっておらず値下がりリスクが比較的低い
投資参加障壁が高くない
長期投資先として信頼できる

合わせて読みたい
→ 【2018年】日本のおすすめヘッジファンドと、投資する際に気をつけたいポイント

 

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

資産運用の考え方について

プライベート・エクイティー(PE)ファンドをわかりやすく説明する~ヘッジファンド...

日本に優良ヘッジファンドは存在するのか?

優良ヘッジファンドを選ぶコツについて徹底解説

50歳で始める投資。老後に向けて確実に資産を形成する方法

ヘッジファンドの投資手法の種類とヘッジファンドの顧客について解説する