ヘッジファンド投資における投資家にとってのリスクを徹底解説する

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!ワタルです!

私はヘッジファンドをポートフォリオの最大ポーションにしております。(参照:ワタルの2018年1Qの投資実績)

ヘッジファンドは欧米の富裕層や機関投資家を中心に選ばれている、金融商品です。

ヘッジファンドは公に宣伝されている公募型のファンドである投資信託と異なり、私募にて資金をあつめて運用を行っている専門家集団であるため、その実態についてはあまり世間には認知されていません。

今回は謎めいたヘッジファンドに投資を行う際に考えておきたい投資家のとってのリスクについて纏めていきたいと思います。

そもそもヘッジファンドって何?

まずそもそもヘッジファンドってなんなの?という方もいらっしゃると思いますので簡単に説明していきます。

投資信託とヘッジファンドは投資家から資金を集めて株式市場に資金を投下して、収益を分配するファンドという形式をとっている点に共通項があります。

ファンドのスキーム図解

投資信託は投資家に対して公に公募できる反面、ヘッジファンドは紹介ベースで投資かを増やしていく私募ファンドであるという違いがあります。

そのため、あまり表に出てくることはなく謎の存在であると思われがちな傾向があります。その代わり金融庁によってがちがちに運用方針を固められている投資信託と異なり、ヘッジファンドは運用の自由が保障されており投資信託に比べて圧倒的によいパフォーマンスを残し続けています。

今回はこれくらいで割愛しますが、更に詳しいヘッジファンドと投資信託について興味のある方は以下の記事を参考にしてみてください!

【参照】
【2018年】日本のおすすめヘッジファンドと投資する際に気をつけたいポイント
ヘッジファンドと投資信託の違いについて徹底解説

詐欺ファンドのリスク

まずは根本的にそのファンドが存在しないというリスクについてです。

折角投資を決めて投資を行ったとしても、そのファンドが実際には存在しない架空ファンドであった場合、振り込んだ資金全てが蒸発してしまいますからね。

詐欺ファンドの特徴

詐欺ファンドの特徴として以下のようなものが挙げられますので、注意して頂ければと思います。

・投資に絶対はないのに高い利回りを約束している
・年50%や100%、月利10%、日利1%等の法外な利回りを喧伝している

投資である限り、どんなに安全な運用を行っていたとしても絶対ということはありませんし、元本保証型ではない限り元本毀損リスクはあります。

また冷静に考えて、投資の王様であるバフェット氏ですら平均年間利回りは20%程度です。年50%を超えるような投資成果を誇示するようなファンドは怪しいとみた方がよいでしょう。

何故このような宣伝を行うのか

詐欺ファンドの分類は大きくわけて二つありますので種類ごとに理由をしていきます。

ポンジ・スキーム

一つはポンジ・スキームというスキームで運用は行わず、後から出資した人のお金を先に出資した人に配当していくという手法です。

このようなファンドでは運用者としては、出資者に払う配当より、後から入ってくる出資金が多い場合は、この詐欺ファンドの運用を続けるインセンティブがあります。

ポンジスキーム図解

その為、出資者がどんどん現れるような魅力的な宣伝をうつのです。

そして支払う配当金の金額が新しい出資者の金額より大きくなった時に閉鎖して全てを持ち逃げするものです。

ポンジ・スキーム図解2

昨年仮想通貨関連で結構このようなファンドがありましたが、どれも日利1%とか月利50%のような法外な利回りを喧伝していました。

然し、どのファンドも1年以上も存続するものはありませんでした。そのファンドがどれほど長い期間存続しているのかという点も注意してみた方がよいでしょう。

架空ファンド

次にそもそも存在せずに出資金を集めるだけ集めて蒸発する、最も悪質な架空ファンドです。

このようなファンドは詐欺であるとばれた瞬間に、摘発の対象になりますので出来うる限り最速で資金を集める為に、これでもかというほど派手な宣伝をうち早急に資金をあつめようとする傾向があります。

ポンジスキームよりも存続期間が更に短い傾向にあります。

直接会う重要性

いずれの場合もファンドの人は犯罪行為を行っている為、直接会うことはありません。

詐欺とばれたら訴えられますからね。顔出しをするはずが当然ありません。

自分が魅力的だなと思うファンドがありましたら、直接会って運用方針や過去実績等について詳しく聞いてみる必要があるでしょう。

基準価格下落のリスク

元本保証ではない投資である為、基準価格の下落のリスクは当然あります。

ただリスクを受け入れなければ、リターンを得ることは出来ませんので、これは致し方ないリスクと言わざるを得ません。

投資におけるリスクとは

因みに以前投資におけるリスク指標である標準偏差で詳述しておりますが、投資におけるリスクとは価格の変動幅のことです。

同じ5%の期待収益のファンドでも、以下のようなファンドAのほうがファンドBよりも価格下落リスクが高いといえます。(緑はファンドの成績としての変動可能性です)

ファンドAは大きく元本割れする可能性もありますが、逆に大きく伸ばす可能性もあるのです。

しかし、資産運用においては着実に資産を殖やしていく必要があり、極力下落リスクは抑えた方が良いです。

一度1000万円が50%下落して500万円になってしまったら、1000万円に戻すのに100%の結果が必要ですからね。

リスクつまり変動幅が大きいファンドAが必ずしも悪いわけではありませんが、ファンドAのような動きをするファンドの特徴について挙げていきます。

変動幅が増大する理由①:高レバレッジ運用

高いレバレッジを掛けて運用を行っているファンドです。

レバレッジについてわかりやすく説明します。

例えば出資者から100億円の資金を集めるとします、ファンドは更に銀行から200億円を借り入れて運用することにより総運用額は300億円となりレベレッジは3倍ということになります。

非常にROEとROAの関係と似てますよね。(参照:ROEとROAについてわかりやすく説明する)

そしてこの運用総額300億円で10%の損失が発生したとします。すると損失額は300億円×10%=30億円となります。

この30億円は直接出資者の投資金額の減価を意味します。つまり元々の出資額100億円は70億円に減価されてしまうのです。つまり30%も資産価格が減少するということですね。

もし300億円で20%の運用損を出してしまえば、300億円×20%=60億円の損失が発生し、出資金は100億円から40億円に減価してしまいます。ここまでくるともう取返しがつかないですね。

変動幅が増大する理由②:高ボラティリティ資産への投資

ボラティリティを掛けていなかったとしても、投資している資産自体の価格変動が大きい場合は、当然ファンドのボラティリティも高くなります。

例えば簡単に50%以上の値動きが出てしまう原油等のCommodityや昨年マーケットを賑わした仮想通貨がその例です。

更にここでは詳細を述べるのは控えますが、ある条件を満たせばリターンを得ることが出来ますが、それ以外は大きなマイナスのリターンとなるような高リスクの金融派生商品もこの分類に含まれます。

気になる方は以前ポールソンというヘッジファンドがリーマンショックで儲けた際に使用したデリバティブ商品であるCDSについて纏めていますので参考にしてみて下さい。(参照:リーマンショック最大の勝者ジョン・ポールソンについて特集する)

価格下落リスクまとめ

リスクは許容しなければリターンをえることが出来ませんが、資産運用を行う上では大きな資産価格の下落は免れる必要があります。

着実な資産運用を行う為には高いレバレッジをかけたり、変動幅が大きい資産に投資をするファンドを選択するよりは堅実な手法を取っているファンドに預け入れた方がよいでしょう。

私が投資しているBM キャピタルの運用手法について、如何に安全を第一に考えているかを記事:BMキャピタルの運用手法を徹底解剖で詳しく説明しているので、ご覧いただければと思います。

【参照】
BMキャピタルを徹底解説。口コミ・評判・運用成績・利回り、投資手法をまとめて説明する

資金拘束リスク (ロックアップ期間がある)

投資信託では購入や売却はその日のうちにでき、売却した場合は翌日には資金が自分の口座に返ってきます。

しかし、ヘッジファンドでは通常であれば半年又は1年、私の投資しているヘッジファンドでは短いですが4半期毎にしか解約が出来ません。

これは資金の流出や流入が頻繁に起こると、投資戦略に影響が出てくるため寧ろ投資家のことを考えてのことなのです。

例えば、100億円の資金を有しており、相場が下落局面なので40億円を現金で待機させているヘッジファンドがあるとします。

ファンドマネージャーは相場が下落しきったところで、底値で40億円分を拾おうと考えたとしても、相場が悪いという理由で40億円分の解約が相次げば結果的に安値で拾うことが出来ず長期的にみた投資成績が悪くなってしまいますからね。

詳しくはヘッジファンドの解約について詳しく解説で纏めておりますので、参考にしてみて下さい。

最低投資金額の高さ

投資信託では最低投資金額が積立型だと1000円から出来る場合もありますが、ヘッジファンドでは海外の著名ファンドであれば最低でも1億円以上、時には5億円以上という場合もあります。

その為、投資したくても投資ができないというリスクもあるのです。

日本のヘッジファンドでは最低投資金額が1000万円以上としているところが多いので、多少は敷居は低くなっていますが、それでも高いことには変わりがないでしょう。

場合によっては私のように運用成績に満足した場合に、増資をするということを前提に500万円程度からでも出資を受け入れてくれることもあるので、最低投資金額について気になるかたは直接問い合わせてみるとよいでしょう。

総括

魅力的な投資商品であるヘッジファンドですが、今まで見てきたように様々なリスクをがあります。

しかし、長年安全な投資手法で安定した成績を上げているいることが確認できるファンドでは殆どのリスクはクリアーできるものであると言えます。

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヘッジファンドの投資手法の種類とヘッジファンドの顧客について解説する

日本の株式市場の特徴とお薦め投資手法を解説

NO IMAGE

急成長著しいヘッジファンドであるツーシグマ・インベストメントについて特集する

NO IMAGE

ヘッジファンドの解約ルールと、ロックアップ期間について

「ヘッジファンドは怪しい」というイメージは、本当なのか?

日本に優良ヘッジファンドは存在するのか?