【2018年】日本のおすすめヘッジファンドと投資する際に気をつけたいポイント

Pocket
LinkedIn にシェア

私の投資の軸を形成しているヘッジファンドへの投資について、ヘッジファンドとは抑々何なのか、何が優れているのか、そしてどのようなファンドがおすすめなのかという点を含めて記載していきます。

日本にも優良なヘッジファンドが存在しますが、それら投資方法や注意点も含めて、細かく解説していきたいと思います。

 

また、同じくファンドという意味では、日本では投資信託の人気が高いですが、私は運用先として投資信託は非常に問題があると思っているので、その点についても詳しく触れていきます。

ヘッジファンドってそもそも何者?

ヘッジファンドとは投資信託のような証券会社経由で公募している形態ではなく、個別に投資を募っている私募ファンドのことを指します。(参照:公募ファンドと私募ファンドの違い)

近年は日本でも以下グラフのように運用規模が飛躍的に伸びてきている投資商品になっており、徐々に日本にも浸透してきています。

上の図からも分かる通り、日本では2000年頃から運用総額が徐々に伸びていき、現在では公募ファンドつまり投資信託の半分ほどの運用額となっています。

因みに、投資の神様ウォーレン・バフェット氏が経営しているバークシャー・ハサウェイ社も今では上場しておりますが、設立当初は私募で資金を集め投資により株主に投資収益を還元する構造でしたので、広義のヘッジファンドの括りに入るものでした。

ヘッジファンドの歴史

最初にヘッジファンドといわれるものを生み出したのはA.W.ジョーンズ氏と一般的に言われています。

一方、バフェット氏はベンジャミン・グレアムとジェリー・ニューマンによって富裕層から集めた資金を元に運用したグレアム=ニューマン・パートナーシップを初期のヘッジファンドであると言及しています。

ベンジャミン・グレアム氏はバフェット氏の師であり、このブログで言及しているバリュー株投資の父としても名高い投資家です。

左がグレアム氏で右がバフェット氏です。聡明そうですね

元々ヘッジファンドというのは、欧米の富裕層の資産をインフレや戦争等の危機から守り次世代に継承していく為の、守りの資産運用手段として用いられてきました。

ヘッジというのは生垣をいみしており、危機から資産を守るというのが原義になります。(因みに生垣(ヘッジ)とは以下のような家を守る為に富裕層が設置している緩衝剤としての木々のことです)

その後、ジョージ・ソロスやジュリア・ロバートソン、現在最大の資産規模を誇るレイ・ダリオと金融業界を賑わしてきました。

時代を超えて一貫しているのは、どのような相場環境であっても収益獲得を目指す絶対収益追求型であるということと、ファンダメンタルからみて割安なものを買い、割高なものを売るというグレアム氏の源流に通ずる投資手法です。

ヘッジファンドは怪しいのか?

投資にあまり馴染みのない方は特にヘッジファンドときくと得体のしれない、怪しいものだと思われている方が多いと思います。

また記憶に新しいところでいうと、村上ファンド事件を思い出す方もいらっしゃるでしょう。これは大々的にニュースで取り上げられた為、日本ではファンドと言うと悪いイメージが先行しがちです。
然しながら、これは世界的にみると非常にユニークな状態で、海外においてはヘッジファンドと言えば富裕層のみが利用可能な極めて魅力的な投資先という認識が一般的です。

アメリカでは富裕層は勿論のことハーバード大学の年金運用や、有名なカリフォルニア州職員退職年金基金(通称:CalPERS)等の超一流の公的な運用機関も起用するなど、非常に一般的な投資先となっています。

投資信託の特徴を徹底解説

ヘッジファンドと似て非なるものに投資信託があります。

投資信託は日本では非常に人気のある商品で、銀行の窓口で投資信託の営業を受けたり、書店で「おすすめ投資信託」といったようなタイトルの書籍をみたり、電車の吊革広告で宣伝されていたりと、あらゆる局面で投資信託に触れることができます。日本は、「投資信託大国」なのです。

それでは投資信託の特徴について見ていきましょう。

投資信託とは?

投資信託というのは、アセットマネジメント会社という、金融商品を組成することを専門に行う会社が作っています。これらを、野村証券と言った証券会社が販売しています。日本には、なんと5,000本以上の投資信託が存在します。

投資信託というのは、日本に、上場企業の数以上に存在するのです。そのため、自分で投資をしようにも、まず「どの投資信託に預ければいいか」を迷うこととなります。

投資信託に投資する為には、まずどの分野の、どの商品に投資するかを考えなければいけません。

先進国なのか新興国なのか、またどこの国がいいのか、そして債権なのか株式なのか、リートなのか、為替ヘッジは行うのか行わないのか、と考えだしたらきりがないほどたくさんのパターンがあります。

このように、投資を他人に任せる為に既に投資判断を下さないといけないというのが投資信託になります。

また投資信託のファンドマネージャーは、この決められた枠つまり目論見書で定めた範囲内でしか取引が出来ません。

その為、例えば中国株連動ファンドに投資していて、中国株の市況が不調であれば、このファンドの成績が悪くても文句をいうことはできません。

つまりプロに委託しているようで結局、本質的には自分で投資を行っているのと同じなのです。

結局、投資信託を選ぶのと個別の銘柄(株式等)を選ぶのとでは、同じくらいの難しさがあるということです。

日本の投資信託の質

日本の投資信託の質については、金融庁の森長官から以下のような発言がでております。

「日本で売られている公募株式投信は5406本ありますが、そのうちインデックス型株式投信は381本です。これから、複利の利益が得られない毎月分配型の投信、レバレッジのかかった投信、信託期間が短く長期投資を前提としていない投信を除き、ノーロードで信託報酬が一定率以下のものに限ると、積立NISAの対象として残ったものは50本弱でした。」

金融庁の長官をして自国の投資商品としての投資信託の中で、まともなものは1%程度であると言わしめるほど、質が低い金融商品となってしまっています。

実際以下のようなデータもでております。

アメリカの売れ筋の投資信託の運用成績が平均で5.2%あるにも関わらず、日本の売れ筋の投資信託の運用成績は▲0.11%となっています。

また別の調査では日本の投資信託の90%以上は運用成績がマイナスとなっており、投資をすれば殆どの確率で負けるという状況となっています。

これだけ投資信託が人気をはくしていながら、その商品のレベルはと言うと非常に低い。これは日本人の金融に対するリテラシーの低さも要因の一つではありますが、やはり国単位でみても非常に深刻な問題であると言えます。

投資信託の手数料

さて、上の日米の比較表で、運用成績と共に気になるのが日本の投資信託の手数料の高さです。

販売手数料は販売した時に預入資産に対してとる手数料のことを指し、信託手数料は預入資産に対して毎年発生する手数料を指します。

米国の販売手数料は0.6%、信託手数料は0.3%なのに対し
日本の販売手数料は3.2%、信託手数料は1.5%非常に高くなっています。

運用収益と合わせて考えると同じ時期に米国と日本の投資信託に1000万円を預けた場合、米国の投資信託では1270万円となるのに対し、日本の投資信託では887万に減少してしまいます

何故このような状況になっているかというと、日本の投資信託が完全に手数料ビジネスになってしまっているからです。

その為、難しそうでキャッチーな投資商品を組成して、高い手数料を設定した投資信託があらゆるところで率先して販売されています。

日経平均連動型といったようなインデックス型の投資信託より、米国リートブラジルレアル建為替ヘッジ無し投資信託といったようなファンドの方が高い手数料が取れる為、このような投信が、銀行の窓口やネット証券を通して積極的に販売されています。

 

そもそもこの手数料形態は非常に本質から離れたものです。例えば信託手数料が3%の場合、運用利回りが+10%であっても▲10%であっても手数料は左程変わりません。

例えば、1000万円を預けた場合、以下のようになります。
+10%の場合:資産総額は1100万円となり信託手数料は33万円
▲10%の場合:資産総額は900万円となり信託手数料は29万円

つまり、20%もの運用利回りの差があるにも関わらず、手数料は4万円しか変わらないという事態になります。

然し▲10%の場合でも、キャッチーな投資信託を設定でき、2000万円を投資家から集めた場合、手数料は58万円となります。

つまり運用成績を上げるよりも、手数料が高い投資信託を設定し、多くの資産を投資家から集めることに重点が置かれた営業活動が行われているという状況となっているのです。

投資信託のファンドマネージャー

投資信託は信託会社に新卒から入った所謂サラリーマンファンドマネージャーにより運用されています。

そもそも投資信託では投資する国や商品が予め定められている為、ファンドマネージャーが腕を振るえるのは設定された範囲の中のみで、辣腕を振るう範囲が限定されています。

この為、腕に自信のあるファンドマネージャーは独立系の投資信託を立ち上げるか、ヘッジファンドのマネージャーとして独立していきます。

当然サラリーマンなので給料はある程度、限定されており運用成績によって給料が変化せず、モチベーションという観点からも低いことが想定されます。

対象となるインデックスの連動率

投資信託の中には日経平均連動型やオイル価格連動型の投資信託が存在しています。

これらの投資信託は日経平均等のインデックスに連動することを目標としているのですが、私や両親の友人の経験上連動率が低いです。

私の場合ですとオイルの代表的な指標が2015年に30ドルをつけた時に流石に安いとWTI連動型の投資信託を購入しました。

その後、45ドルまで上昇したので、私の投資信託は1.5倍の価値にならないといけないのですが、1.3倍以下にしかなっていませんでした。

母の場合は日経平均が17000円の時に日経平均連動型の投資信託を購入し、最近23000円になったので売却したのですが、日経平均株価が35%上昇しているにも関わらず20%未満の上昇にとどまりました

私は証券会社に問い合わせたのですが、解約や新規の組み換え時に組み換えコストが発生するので、必ずしも連動するわけでは御座いません。

との回答が返ってきました。それにしても連動率があまりにも酷く納得のいく回答とはいえませんでしたが、それ以降このようなインデックス連動型の投資信託の購入も控えています。

投資信託総括

以上の点から、現在の日本の投資信託は手数料型ビジネスとなってしまっており、真に顧客目線にたち安定した運用利回りを目指していく投資商品になっていないことが明らかとなったと思います。

にも関わらず日本では投資信託人気が高く、これは国単位で考えても非常に深刻な問題であると私は思っています。

ヘッジファンドの特徴

ヘッジファンドと似て異なる投資信託について説明した上で、漸く今回の本題となりますヘッジファンドの特徴について記載していきたいと思います。

高い投資利回り

私がヘッジファンドに投資している一番の理由はこれです。
まず以下のグラフをご覧ください。

1999年以降リーマンショックが発生した後の2009年までの世界株式、世界債権、日経平均とヘッジファンドの運用成績の推移なのですが、ヘッジファンドが他を圧倒して高い運用利回りを上げています。

また見て頂けるとわかるのですが、リーマンショックの時期ですらヘッジファンドは資産を大きく下落させることなる横ばいを保っています。

これはヘッジファンドがどのような相場環境であっても、収益を追求する絶対収益型であることが影響しています。

私が主軸として起用しているヘッジファンド(BMキャピタル)はファンド創設以降一度も年率でマイナスをだしておらず、その前身のファンド時代はリーマンショックですらプラスの運用成績を上げ続けていました。

資産運用を行う上で最も重要なのは、無理のない10%~20%程度の運用成績長期間に亘って上げ続けることであり、その意味で優良なヘッジファンドは最もよい投資対象と呼べると私は判断しています。

なお、このヘッジファンドの強みである「利回り」という点に加え、さらに「安定性」、そして「将来性」を勘案しておすすめのヘッジファンドをランキング形式でまとめていますので、投資先としてヘッジファンドを検討している方は是非以下のページをご覧下さい。

→ 投資先としておすすめのヘッジファンドランキング

 

投資判断を行う必要がない

前述した投資信託では自身で投資する商品、地域、分野を選ぶ必要がありました。

然しながらヘッジファンドに預け入れればヘッジファンドマネージャーが絶対的な収益を追求していくので、個人が投資判断を下す必要がなく投資に時間を割く時間が節約できます。

ただヘッジファンドにも様々な運用手法がありますので、実際に投資を考えているヘッジファンドには直接会って運用手法がどのようなものかを確認しておくことは重要です。

個人的におすすめの運用手法はバリュー株投資をベースにアクティビスト的な動きをするファンドなのですが、これについては後述致します。

優秀なファンドマネージャーによる運用

ある程度の期間存続しているヘッジファンドのマネージャーはまず間違いなく優秀です。

顧客の満足のいく運用成績をあげられていなければ、解約が相次ぎすぐに解散する羽目になる為、預入資産が順調に増加し資産総額が右肩上がりに増えているヘッジファンドのマネージャーはそれだけで金融市場を生き抜いてきた百戦錬磨の腕の持ち主といえるでしょう。

ヘッジファンドマネージャーは日本でいえば東大や京大といった一流大学を卒業し、外資系銀行で経験を積んだあと、富裕層の客先を連れて独立してファンドを立ち上げているといった、経歴としても申し分のない人が多いです。

また彼らの運用に臨む真剣さも投資信託のファンドマネージャーとは一線を画しています。

彼らは最初の立ち上げ時に自分の資産の大部分をファンドに入れていることが多く、ファンドの運用成績がダイレクトに自分の資産の浮き沈みに直結します。

更に、ヘッジファンドマネージャーが受け取る手数料は、自分が出した運用利回りの中から支払われるという形態である為、運用利回りが大きければ大きいほど自身の収入が増えるという結果になります。

投資信託が預入資産に対して手数料が発生する為、預入資産の拡大に焦点を当てる一方、ヘッジファンドは収益を如何にあげるかということに焦点を当てています。

自分の資産と収入の両方に影響がある為、ヘッジファンドのファンドマネージャーは常に一人称の立場で、真剣に相場に向き合っています。

顧客との距離が近い

投資信託では顧客が運用手法について知る機会はネット証券であれば目論見書、直接購入であれば窓口の営業員からと、運用主体から直接聞くことは出来ません。

目論見書は読まれた経験がある方は分かると思うのですが、兎に角分かりずらく運用手法についても判然とせず、窓口の営業員にいたっては商品の運用手法や性質について理解していない場合が殆どです。

一方ヘッジファンドであれば、投資判断を下す前に実際にヘッジファンドの方と直接会い、詳しい運用手法や今までの実績について説明を受けることができ、その他不明点についても事前にクリアーにすることが出来ます。

柔軟な投資戦略の組み立て

投資信託のファンドマネージャーは目論見書で決められた枠の中でしか投資が出来ません。例えば、日経平均連動型の投資信託の場合、今後相場が悪化すると分かっていても、いきなりインドの株を購入することはできないのです。

一方ヘッジファンドは絶対収益を追求するファンドです。
現在上手くいっている手法が今後も上手くいき続けるとは限りません。

その場合には柔軟に投資手法を変更し、その時々にあった運用を行うことが可能となります。

示唆に富み勉強となる運用レポート

これはファンドによるのですが、ヘッジファンドによっては定期的に顧客に対して運用のレポートを出している場合があり、今期行ったディールについて何故投資判断を下したか、またなぜ売却したのかの理由について詳細な説明が記載されています。

一流のファンドマネージャーの思考回路が分かると共に、自らの株式投資に対する知識の底上げになる非常に示唆に富んだ内容となっており、巷で売られている本を読むよりよっぽど勉強になる内容となっています。

ヘッジファンドの弱点

ここまでヘッジファンドの優れている点を中心の説明して参りましたが、ヘッジファンドの弱点といえる部分についても記載していこうと思います。

敷居の高さ

最近の投資信託では1000円から投資できるなんてものもありますが、海外の著名なヘッジファンドであれば1億円以上はざら、日本のヘッジファンドでも基本的には1000万円を最低投資金額としています。

これはヘッジファンドが私募という形をとっており、法律上毎期新規で受け入れる顧客の数が決まっているのと、顧客管理費用を出来うる限り抑えたいという思惑によるものです。

先程申し上げました通り、ヘッジファンドは投資判断を下していただく前に顧客と直接会い説明しますし、その後のサポートも手厚く行っています。

その為、顧客を対応できる人数には限界があるのです。

1000名から10万円預かって1億円を集めるより、10名から1000万円預かって1億円を集める方が効率がいいのです。

私も一番最初にヘッジファンドに預け入れた時は、どうにかお願いし、500万円で受け付けて頂きましたが、一般的には、1,000万円以上の預け入れが必要になると考えておいた方が良いです。

アクセスの難しさ

ヘッジファンドの弱点の2つ目は、アクセスの難しさ、つまり発見すること自体が多くの人にとって容易ではないという点にあります。

これはヘッジファンドが公募でなく私募によって資金を集めていることによるものです。

投資信託のように「公募」、つまり広告を打ったり証券会社に卸売りすることが出来れば、一般投資家の目に触れる機会も多くなりますが、ヘッジファンドの場合はファンドの関係者と直接のコネクションをもつ、知り合いにしかその存在を知らせるチャンスはありません。

富裕層や金融関係者の間ではヘッジファンドに関する情報が日常的に共有されていますが、一般サラリーマンや富裕層とのつながりの薄い人達は、恒常的にこれらの情報に触れることは、まずありません。

この、「そもそも出会うことができない」というのは、まとまった資金を持っている一般層からすると、比較的深刻な問題になっていると思います。

ヘッジファンドの強み・弱み、まとめ

以上みてきたように、ヘッジファンドには、

  1. 顧客が投資判断を行う必要がない
  2. 投資判断を行っているファンドマネージャーが優秀
  3. 顧客との距離が近い
  4. 投資戦略を柔軟に組み立てる
  5. ファンドならではの投資戦略を学ぶ機会に恵まれる

と言った利点がある一方、

  1. 敷居が高く、投資最低金額が高い(1,000万円以上となっているファンドが多い)
  2. アクセスするのが難しい(出会うこと自体が難しい)

といった弱点があります。

結論として、高い敷居をクリアできる、1,000万円以上のまとまった金額があり、ヘッジファンドについての情報を少しでも持っている人にとっては、ヘッジファンドというのは極めて理想的な投資先となる場合が多いのです。

 

現時点で銀行口座に60万円しかないという方はヘッジファンドへの預け入れは現実的に難しいですが、ある程度まとまった金額をもっていながら、なんとなく銀行に預けている(もしくはよく分からない投資信託を持っている)という方は、自らヘッジファンド担当者へと問い合わせし、運用実績や契約内容について具体的に聞いてみるのが良いと思います。

私も日本の全てのヘッジファンドを知っているわけではありませんが、これまでの経験から投資ファンドについてそれなりの知見がありますので、優れた投資先について全く知見がないという方は是非、以下のおすすめ投資先ランキングを参考にして見て下さい。

→ 管理人ワタルの選ぶ投資ファンドランキングへ

 

おすすめ運用手法

ヘッジファンドが魅力的な投資商品であることについて説明しましたが、一口に絶対収益型のファンドといっても運用手法は様々です。

その中でも安定した資産形成という目的を達成する為に私がおすすめするのはベンジャミン・グレアム氏の源流ともいえる本格的なバリュー株投資に、能動性を加えたアクティビスト型本格バリュー株投資手法です。

これは以下に説明しますが、簡単にいうと値下りリスクを極端に少なくしながら、大きな株価上昇を狙う投資手法です。

バリュー株投資手法

まずバリュー投資の部分ですが、これは単にPBRやPERといった指標だけに依拠するのではなく、企業の財務諸表を詳細に分析した上で、理論株価に対して大きな安全域を有している株に投資を行うという手法です。

理論株価は以下の式で求めることが出来ます。
(①現時点の純資産価値 +②今後の事業価値 ) ÷ ③発行済株式数

まず①の現時点の純資産価値について企業の純資産は
(総資産 - 総負債)で求めることが出来ます。

この式の資産を更に分解すると
(現金性資産+事業性資産ー総負債)とすることが出来ます。

事業性資産は商品や建物や設備といったもので本当に、財務諸表にのっているだけの価値があるか分からない資産ということが出来ます。

本当にその商品は販売することが出来るのか、設備投資や建物は老朽化により本当にそれだけの価値があるのか?

という疑念はありますが、現金性の資産例えば現金や売掛金や投資有価証券などは、確かに記載されているだけの価値があります。

この現金性の資産だけを資産とカウントし、ここから総負債を引いて保守的な純資産価値を出します。

実は日本株は小型株が多く、この保守的な純資産価値だけで、
株式価値(株価×発行済株式数)を上回っている株が存在しています。

つまり、以下の理論株価の式の①の更にその中の非常に保守的に見積もった純資産価値だけで現在の株価を上回っているという大きな安全域を有した銘柄も実際に存在しているということです。

(①現時点の純資産価値 +②今後の事業価値 ) ÷ ③発行済株式数

このような銘柄はごろごろしている訳ではないですが、非常に下落リスクが低い銘柄だということが出来ます。

そもそも現金性の資産だけを加味した保守的な純資産価値だけで株式価値を上回っているということは、今会社を清算すれば株主は、株価と現金性純資産価値の差額を受け取れることになるということを意味します。

分かり易くいうと、2万円が入った財布がデパートで1万円でうられているといった感じです。

全部が全部このような銘柄でないにしても、更に詳細に財務諸表の分析を行った上で割安と判断できる銘柄に投資することは、グレアムの時代から続く王道ともいえる投資手法で、値下りリスクを極力抑えることが出来ます。

アクティビスト型バリュー投資

ここまでは根気よく行えば、専門家が行うより精度は落ちるものの個人でも時間をかなり使いますが行うことが出来ます。

然し、このバリュー投資には一つ欠点があります。

それは万年割安株として放置され続ける可能性があるということです。

そもそもなぜ割安に放置されているかという点ですが、理由は簡単で時価総額が低く、東証二部や地方証券取引所に上場されており誰からも注目されず放置されてしまっている為です。

この欠点はヘッジファンドに預け、その資金力を活かし大量に保有をして頂き経営に働きかけ株価向上策を実施させることが有効打となります

つまり大株主となり経営に入り込み以下の理論株価を高める施策を実施させるということです。
(①現時点の純資産価値 +②今後の事業価値 ) ÷ ③発行済株式数

ヘッジファンドには経営に精通した方もおり、②事業価値をあげる施策を提言して今後の事業価値を上昇させたり、
保有している現金で③発行済株式を取得する自己株買を実施させ、理論株価を引き上げると共に、株式市場からの注目を集めていきます。

このようなヘッジファンドに預けることにより、株価下落リスクを抑えながらも、大きな値上がり益を見込めるという最強の投資手法を享受することが出来ます!

日本のヘッジファンド

ヘッジファンドといえば欧米が主流というイメージですが、最初の図でも分かります通り日本でも運用総額が増えてきて一般的になりつつあります。

私も日本のヘッジファンドに投資しているのですが、日本のヘッジファンドの特徴と強みについて説明していきます。

高くて安定的な利回り

欧米に比べてパフォーマンスが悪いのではと思われてる方もいらっしゃると思いますが、日本のヘッジファンドのなかには欧米のファンドより優秀な利回りをあげているファンドも存在しています。

私の投資しているファンドではファンド自体の運用利回りは毎年20%程度で、2015年のチャイナショックを含め運用開始から一度もマイナスの年がなく、今まで運用を続けています。

また、この前身の小規模のファンド時代にはリーマンショックですらプラスで乗り切っています。

更に特筆すべきはヘッジファンドの中には、派手な運用利回りを求めてレバレッジを掛けるファンドがありますが、このファンドはレバレッジを掛けた運用は行わず堅実に着実に運用しながらこれだけの成績をあげています。

直接ヘッジファンドから説明を受けれる

ヘッジファンドから説明を受ける時に、日本語の資料を用い、日本語で説明を受けられるというのは安心感が高いです。

更に投資後のアフターサポートについても日本語で受けることが出来るというのも大きなメリットです。

おすすめファンドランキング

これまでの観点を踏まえまして、管理人が実際に投資しているファンドも含め、長期的に安定的な資産形成に向いているファンドをランキング形式にして纏めておりますので以下参考にしてみて下さい。

基本的には、年間で10%以上の利回りが期待できること市況が下落したとしても確実に収益をあげる安定性があること、そして今後10年20年と預け入れるに値するだけの充分な将来性が見込まれること、が順位付けの基準となっています。

第一位:BM Capital


東京大学時代の株式投資サークルで伝説的な利回りを上げ続けた先輩が外資系金融機関での経験を経て立ち上げたファンド。メンバーも東大京大卒で固められている。

管理人のポートフォリオの主軸をなしている。上記でも説明したアクティビスト型のバリュー株投資を精密に実践しており、平均して10%以上の安定した利回りを上げ続けている。

また下落リスクが極端にすくなく、創設以来ファンドの利回りは半期ベースでマイナスとなったことはなく、2015年のチャイナショックや、2016年のブレクジットももろともせずプラスの運用成績を上げ続けているところが最大の魅力。

直近では2018年1月~3月に日経平均が10%近く落ち込む局面でも、基準価格を減らすことなく底堅い運用を続けている。

また同ファンドの前身時代にはバフェットですらマイナス運用となっているリーマンショックをプラスで乗り切っている。

最低投資金額は1000万円だが、運用に満足した場合の増資を前提として、それ以下の金額でも受け入れている為、直接問い合わせることをおすすめします。

第二位:日興レジェンド・イーグル・ファンド(資産成長コース)


日興証券の投資ファンド。世界的な割安株に投資を行い年平均で10%程度の利回りを上げている。難点としては、割安投資を行っているにも関わらず、株式市場の下落に影響されやすい成績となっているところです。

世界景気が拡大していく初期の段階での活用をおすすめしたい。

第三位:セゾン投信

投資信託|セゾン投信

世界の時価総額に応じて投資を行っており、世界経済の成長を享受できるファンドとなっており長期投資に適したファンドとなっている。

リーマンショックのような危機発生時に大きく基準価格が下落するリスクには注意を払いたい。

終わりに

以上、ヘッジファンドの特徴や投資信託の実態、そして日本のヘッジファンドの説明などをまとめてお送りしました。

是非参考にして頂ければと思います。

Pocket
LinkedIn にシェア

 この記事へのコメント

  1. 佐藤翔 より:

    はじめして!

    大変参考になりました!
    他にもPEファンドってのを聞いたことがあるんですけど、PEファンドとヘッジファンドって何か違うのでしょうか?

    おすすめのPEファンドなどもあったら教えてください!

  2. ヒョードル より:

    勉強になります。一点、質問なのですが、ヘッジファンドというと、どうしてもハイリスク・ハイリターンの運用を行なっているイメージがあるのですが、やっぱりある程度のリスクを取る運用が一般的なのでしょうか。お手すきの際に教えて頂けると幸いです。

  3. toshi より:

    ヘッジファンドについて海外のヘッジファンドと比べて日本のヘッジファンドは劣ってないんでしょうか?

  4. まき より:

    大変参考になりました。
    詐欺ファンド等もあると思いますが、見分ける方法は何かありますでしょうか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヘッジファンドに預ける際に注意したいリスクを解説

個人の資産運用に株式投資がおすすめな理由を解説

株で負けるのが怖い人必見!!~株式投資の心構えと下落リスクを抑え儲かるおすすめの...

NO IMAGE

投資におけるリスク指標である標準偏差(ボラティリティ)についてわかりやすく解説す...

何故ヘッジファンドはタックスヘイブンに登記するのかを徹底解説

資産運用の必要性を徹底解説!