ベンジャミン・グレアムの考え方特集3~防衛的投資家の投資指針~

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!ワタルです!

今回は以前書いたベンジャミン・グレアムの考え方特集1~バリュー株投資のすすめ~で投資家には安全かつシンプルな投資を好む防衛的投資家と多くの利益を望む積極的投資家が存在することを説明しました。

積極的投資家が行うべき株式投資手法はバリュー株投資で長年市場平均よりも高い利回りを実現しているのですが、今回は防衛的投資家が取るべき投資手法についての説明を行いたいと思います。

グレアムのバリュー株投資手法については以下に纏めておりますので、参考にしてみて下さい!ネットネット株って何?ベンジャミン・グレアムの投資手法を分かり易く解説<図解有り>

防衛的投資家の債券と株式の割合

前回の記事で株式は25%~75%、それに合わせて債券も25%~75%としていましたが、グレアム自身が防衛的投資家におすすめする割合は50%対50%の割合を機械的にKeepする方法です。

50%と50%に決めておいて、機械的に毎年この割合にもどすように調整を加えるというものです。例えば1年間の運用の結果株式が60%、債券が40%になれば、株式の1/6を売却して債券に投資をするという方法です。

この方法のいいところは株式市場の熱狂や悲観に左右されることなく、極端な利益を放棄する一方で極端な損失も蒙らないことと説明しています。

またベンジャミン・グレアムの考え方特集2~インフレと企業収益の関係性~で述べていますように、債券のみの投資であればインフレに対抗できませんが、株を組み入れていることによりインフレにも対応できることが有効な点であるとしています。

組み入れる株式銘柄

積極的投資家は詳細な銘柄分析に基づいたバリュー株投資を行うべきであると推奨しておりますが、シンプルな投資手法を好む防衛的な投資家が銘柄選定に使用する基準としては以下としています。

①分散投資

10銘柄以上30銘柄三位万の十分ではあるが、過度とはならない程度の分散投資を行うことを推奨しています。

まあ当然ですよね、リスクを嫌う防衛的投資家が少数銘柄にリスクを集中投下すべきであるはずがありません。

②財務内容の良い有名な大企業を選ぶこと

グレアムのいう財務内容の良い企業とは株主資本が総資産の少なくとも半分以上、鉄道会社等のインフラ企業に関しては30%以上を基準としています。

次に有名な大企業とは、その業界内で主たる地位を占め、かつ相当の事業規模を有している企業を指し、業界内で上位3分の1以上の事業規模を有していることを条件としています。

まあ要は、バランスシートで純資産が半分以上を占めている名前の知っている大企業を選びなさいといっているのです。

③長期にわたる継続的な配当金支払いの実績がある

グレアムは20年以上を目安としています。配当金が出せるということは確り稼げているということですからね。

④買う銘柄の上限価格を設定すること

過去7年間の平均企業収益の25倍、過去1年の企業収益の20倍未満の株を買うことを推奨しています。

PERが低い企業を買えといっているのですね。そして、この基準を満たす株は市場で人気ですが、グレアムが懸念する成長株といわれる類の株を排除します。

グレアムは成長株を過去に一株当たりの利益が一般の株式より高い割合で増加してきており、将来的にそのような状況が続くと見込まれる株式と定義しています。

然し、このような株は法外な価格で取引される傾向にあり、一株利益の増加よりも株価の成長率が高い銘柄が多いと指摘しています。成長株全体の投機性は非常に高まる傾向にあり、成長株の売買で成功するのは困難であると非難しています。

実際グレアム氏が亡くなってからもバリュー株はグロース株や市場平均に対してアウトパフォームしているにも関わらず、グロース株は市場平均を下回り続けています。

以下をご覧いただき度いのですが、赤がバリュー株ポートフォリオで灰色がグロース株ポートフォリオで、市場平均に対してどれだけアウトパフォームしているのか、アンダーパフォームしているのかを示しています。

まとめ

防衛的投資家が選択すべき銘柄は比較的人気のない、ゆえに合理的な株価収益率で入手できる大企業群こそが健全な投資分野であると結論づけています。

全体のまとめ

今回は防衛的投資家が取るべき行動についてのベンジャミン・グレアム氏の考えを纏めました。

安全かつシンプルな投資手法を好む防衛的投資家は債券と株の投資比率を50%ずつに保ち、保有する株式については市場からあまり好まれていない財務内容が良い大企業へ投資をすることを推奨しています。

この手法により、驚くような投資成績を上げれるわけではないが、破滅的な成績にはならないとしています。

今回は防衛的投資家にフォーカスしていきましたが、次回は積極的な投資家についてフォーカスしていきたいと思います。

ベンジャミン・グレアム氏が提唱するバリュー株投資を更に発展させ、安定した利回りを上げ続けているファンドについて興味のある方は管理人にお問合せください!

 

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベンジャミン・グレアムの考え方特集1~バリュー株投資のすすめ~

世界最大のヘッジファンドを率いるレイ・ダリオについて特集する 〜ブリッジ・ウォー...

バフェット流の銘柄選択手法⑥:株の仕込み時と売り時

本多静六「私の財産告白」を読んで2~本多式投資法~

本多静六「私の財産告白」を読んで1~本多式4分の1貯蓄法について解説~

ジョン・ポールソンについて~サブ・プライム危機最大の勝者を特集する~