リスクを抑えながら2000万円を倍にするおすすめ資産運用

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!

先週の寒さは和らいできましたね、この長い冬はいつになったら終わるのでしょうか。。

今回は漸く蓄えることが出来た2000万円をリスクを極力抑えながら、倍の4000万円に増やす方法について書いていきたいと思います。

2000万円という資産の位置づけ

2000万円というのは貯蓄するのはなかなか難しいですが、貯蓄だけで2000万円を達成する場合、サラリーマンでいえば30代半ばから後半の世代かと思います。

この世代から子供の養育費が嵩みだす世代になりますので、貯蓄だけで資産を殖やしていくのは難しい時期に突入することと思います。

4000万円まで増やすことが出来れば、10%の運用益を出すだけで400万円と日本人の平均年収近辺の金額を稼ぐことが出来る金額となりますので、一つの目安になる金額といえるでしょう!

上記は野村総合研究所が日本の家計資産別にプラミッド上に組み立てたものですが、まさかの3000万円以下は最下層に組み込まれております。意外にお金持ちって多いんですね。

3000万円以上の資産を有している世帯は5,290万世帯のうち、1,120万世帯も存在しております。

手元の2000万円を資産運用により、まずアッパーマス層へとステージをあげましょう!

狙うべき運用利回り

2000万円を運用だけで倍の4000万円にする為に、各運用利回りで何年必要かを考えています。

年3%の場合:24年目で達成
年5%の場合:15年目で達成
年10%の場合:7年目で達成
年15%の場合:5年目で達成
年20%の場合:4年目で達成

年3%や5%では時間が掛かりすぎますし、15%以上の場合は即達成できますがリスクをある程度許容しなければならず場合によっては大きく資産を減らしてしまう可能性もあります。

現実的には年率10%というのが狙っていくのに妥当なラインといえるでしょう。年率10%といえば、簡単な数値ではありませんが、十分達成可能な水準です。

平均年率10%を達成する為にはマイナスの運用利回りをなるべくださないことが重要になります。

今2000万円を元に年率10%で運用すると
1年目:2000 × 1.1 = 2200万円
2年目:2200 × 1.1 = 2420万円

となります。もし仮に1年目▲10%で運用すると
1年目:2000 × 0.9 = 1800万円となってしまいます。
ここから2年目の目標額2420万円を達成する為には
34.4%の利回りが必要となります。

単純に1年目分の挽回20%+2年目の10%を足して30%を上回る利回りを要求されるだけでなく、更に高い利回りを達成する必要が出てきます。

そもそも30%以上の利回りとなると、リスクを冒した運用を行う必要があり、更に資産を減らす可能性がある為負のスパイラルに陥りかねません。

金融危機が発生した場合もプラマイ0%近傍の利回りで耐えることが出来れば、翌年20%の利回りを達成すれば軌道修正が出来るため、マイナスの運用収益だけは避けなければいけません。

また金融危機で落ち込んだマーケットは力強く回復する為、遅れを取り戻すことは十分可能になります!

おすすめ運用手法

10%以上の運用が見込める商品について考察していきたと思います。

債権市場

安定して10%という点で、ブラジル、南アフリカ、トルコ等の新興国の国債を思い浮かべたかたもいらっしゃいますでしょう。

確かに新興国の中には自国通貨建国債の利回りが10%を超えている国債も存在しています。

しかし、これには二つの落とし穴があります。
一つ目は可能性は低いですが国債のデフォルトリスク
二つ目はメインリスクですが投資国為替の暴落です。

新興国は直近だとベネズェラのように唐突に債権支払いを停止することもありますが、確りと投資国の財政状況を確認すればある程度マネージできるリスクになります。

問題は二つ目で、例え国債が年率10%の運用利回りを齎しても、投資国の通貨が1年間で20%下落してしまえば、年間利回りは▲10%となってしまいます。

新興国の通貨は変動率が高く、▲20%というのはよくあることです。以下はトルコリラ円のチャートとなります。

2015年1月の53円から2017年1月の30円まで約40%下落しています。

為替リスクを回避する為に、トルコリラ円をFXで売ったとしても、今度は毎日金利を払わないといけなくなり結局国債利回りと相殺して為替ヘッジ後の収益は0近辺になってしまいます。

為替の暴落については突発的な事象によって発生する為、マネージすることが出来ないリスクとなりますので、安定的な資産運用には適していいないでしょう。

不動産投資

不動産投資については私の大学時代の同期の某大手M不動産の友人曰く、既に不動産市況は高騰していて、自分たちの企業は新規に不動産を購入していない。

と話しておりました。不動産市況についてはあまり詳しくないのですが、業界の中心にいる人物が、そういっているのですから既に高値圏なのは間違いないでしょう。

このように価格下落リスクを抱えていることもそうですが、仮にそうではないとしても空室リスクや管理に掛かる労力をかけて、ワンルーム投資を行った場合の運用利回りは5%程度となります。

今回の10%に届く水準とはなりません。

不動産投資で10%以上の利回りを確保するには、マンション一棟買がおすすめとなりますが、1.5億円以上必要なため、借金をするにしても資産2000万円では早計と言わざるを得ないでしょう。

株式投資

年間10%程度の利回りをあげる為に伝統的で王道の手法は株式投資です。

この株式投資の中で最もマイナスの利回りを出さずに、安定的な利回りをあげるのに適している手法はバリュー株投資となります。

バリュー株投資は理論株価から考えて、大きな安全域をもった割安銘柄に投資して値上がりを待つ手法です。

大きな安全域をもつ割安銘柄とは例えば以下の保守的な純資産の価値が、既に株式価値(株価×発行済株式数)を上回っているような銘柄です。


保守的な純資産価値とは、資産の中から商品や建物、設備、無形固定資産等の本当に帳簿に記載されているのか不明な資産を除いた、純粋な現金性の資産から総負債を差引いて求めます。

企業の理論株価は以下のように表されます。
(①純資産価値 + ②今後の事業価値) ÷③発行済株式数

この①純資産価値の中のほんの一部である保守的な純資産価値を
③発行株式数で割った値が現在の株価よりも大きい場合は大幅な
割安銘柄ということが出来るでしょう

つまり以下のような状況です、
(①の一部である保守的純資産) ÷ 発行済株式数 >現在の株価

このような銘柄はこれ以上の下落は最早不当な下落といえる水準となります。

なぜなら今この瞬間に会社を清算した場合、一株当たり保守的純資産価値と現在の株価の差が株主に配当できる水準である為です。

下落リスクを最小限に抑える為には、このように確りと財務諸表を分析したベンジャミン・グレアム氏の源流に通じるバリュー株投資が適しているといえるでしょう。

おすすめ運用先

上記で説明したバリュー株投資は自分で分析して投資を行うにはかなり根気がいりますし、一つ弱点があります。

それは万年割安に放置されるリスクです、これらの圧倒割安株は地方の証券取引所等に上場され時価総額も小さい企業が多いため、脚光を浴びることがありません。

その為、誰も振り向きもせず、有り得ないほど割安な価格で放置されているのです。

これらの企業に脚光を浴びせる為には刺激を与えるほかありません。

その方法としておすすめなのはバリュー株投資を行っているヘッジファンドへの投資です。

ヘッジファンドは資金力が大きい為、大量保有を行い大株主となることが出来ます。まずこの大量保有報告をだす時点で刺激策の一つになるのですが、大株主になった上で経営に株価向上策を働きかけていきます。

(①純資産価値 + ②今後の事業価値) ÷③発行済株式数

具体的には経営の非効率な点を指摘し②今後の事業価値を向上させたり、
分母である発行済株式数を自己株買いを実施させることにより小さくし、理論株価を上昇させるといった行動を起こしていきます。

これらの施策を通じて、企業がプレスリリースを行えば、不当に低い評価をされておりマグマが溜まっていた株価が文字通り噴射します。
時には小さなニュースでも噴射することがあります。

私の投資の主軸となっているヘッジファンドではこの手法を用い、ファンド創設以降、チャイナショック、ブレクジットの時もプラス運用を確保し年間ベースでマイナスを一度も出さずに安定して年平均10%以上の利回りを確保しています。

2000万円を安定的に運用して7-8年で倍の4000万円にする為には、このようなアクティビスト型のバリュー株投資を行っているヘッジファンドに投資することをおすすめします。

【合わせて読みたい】
1000万円の投資先を比較
2000万円~4000万円のおすすめ資産運用

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2000万円~4000万円のおすすめ資産運用。リスクをおさえて確実にリターンを出...

2000万円~3000万円と100万円の資産運用の考え方の異なる点を説明する

3000万円のおすすめ運用ポートフォリオ3選(リスク・リターン別)

3000万円を安全に1億にするおすすめ資産運用