健次という投信を徹底評価~投資信託で儲けたい人に注意喚起~

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!ワタルです!

最近健次という投資信託が結構喧伝されているので、この投資信託を詳しくみて評価していきたいと思います。

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド (通称:健次)

まず題で健次という名前を出しましたが、最初私はなぜ人の名前??

私の親戚にも健次という金融関係で働いている方がいるので、まさかと思いましたが、この投信の本名はグローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンドという大仰な名前でした。

なるほど、ヘルスケアだから健が付くわけですね。しかしゼウス投信といい最近は投信に愛称をつけるのが流行っているのでしょうか。。

と、余計な話はここまでにして、健次の概要を紹介していきます。

運用会社:三菱UFJ国際投信株式会社
運用委託会社:ウエリントン・マネージメント・カンパニー
投信設定日:2004年2月27日
投信償還日:2029年2月27日

投資対象:世界主要先進国のヘルスケア・バイオ関連企業の株式
(詳細に分割すると以下4分野)
製薬
薬局や医療機関向けの医薬品の製造・開発

バイオテクノロジー
遺伝子の分析・研究を元に薬を開発する分野

医療製品
医療器具の製造・開発

医療・健康サービス
病院経営等(総合商社でもよく投資してる分野ですね)

為替ヘッジ:なし
分配金:半年に一回都度設定 (2015年には20000円の基準価格に対して2810円を支払い)その後、現在は基準価格の下落に伴い0円に。

手数料:販売手数料3.24%  年間信託手数料 2.376%

健次の運用成績

まずは三菱UFJ国際投信株式会社が出している公式の運用成績をご覧ください。


(参照:健次パフォーマンス)

正直期間が短すぎて直近の動きは分かりませんが、青の純資産価格が減少していますね。これは直近の不調により基準価格が下落しているのに加え、解約が相次いでいることを示しています。

私が問題視しているのは、昨年は特に米国のヘルスケア部門が非常に堅調に推移していたのにこの投資信託が不調に終わったところです。それではYahoo Financeでとった直近の分かり易い成績をご覧ください。

まだヘルスケア分野全般がいまいちだったら良いのですが、昨年度はトランプ大統領就任でヘルスケア分野の規制撤廃が行われるのではとの期待感からヘルスケアのインデックス自体は以下のように右肩上がりとなっていました。

インデックス連動ではなく、インデックスに対して優位性のあるパフォーマンスを求めるアクティブ型の投資信託を組成した結果、インデックスを大きく下回る成績しか残すころが出来なかったということです。

ここが最も大きな問題であると言えます。

長期投資に適さないテーマ型投信

健次は目論見書でも謳っている通り、ヘルスケア・バイオ関連の株に投資するとしています。

確かに健次は現在成績自体は沈んでおりますが、ヘルスケア分野自体は堅調そのものです。然し、同じ分野が常に堅調であり続けるということはなかなかありません。

ITバブルというのが良い例ですよね、急速に盛り上がった市場というのはいつかあるべき姿まで凹むものです。

ましてや今既に絶好調を謳歌しているヘルスケア市場に今から投資するのは時既に遅し感があります。

このように特定のテーマにフォーカスした投資信託は、長期投資には向かない性質のものなので自分がどの分野が伸びるかを見る見識眼があるのであれば良いですが、そうでないのであれば辞めておいたほうがよいでしょう。

【参照】
投資信託を買うべきではない理由を徹底解説
投資信託の販売員は、自分のお金を投資信託で運用していないという事実。彼らはどのように運用して儲けているのか。

高い手数料

概要の欄でも述べましたが、関係者が多いですよね三菱UFJ国際投信株式会社が運用すれば良いのですが、ウエリントン・マネージメント・カンパニーの指示に基づいているだけなので関係者が余計に増えています。

更に取り扱いの証券会社や銀行も入ってきます。関係者が多くなればなる程、余計な手数料が増えてくるのです。

そして、更に手数料が高い原因がアクティブ型の投資信託というところです。アクティブ型というのは、指数(インデックス)に対してプラスのパフォーマンスを目指す為、綿密な調査費ゆあアナリストを雇う費用等が嵩み手数料が高くなる傾向があるのです。

その結果として、アウトパフォームすればよいのですが、結果は上記の通りインデックスを下回り続けています。

運用成績が悪いにも関わらず、購入手数料3.2%に加え毎年2.4%を払い続けていては資産が減る一方ですね。

金融庁の森長官の以下の言葉が思い起させられます。

「日本の投信運用会社の多くは販売会社等の系列会社となっています。投信の運用資産額でみると、実に82%が、販売会社系列の運用会社により組成・運用されています。系列の投信運用会社は、販売会社のために、売れやすくかつ手数料を稼ぎやすい商品を作っているのではないかと思います。
これまでの売れ筋商品の例をみても、ダブルデッカー等のテーマ型で複雑な投信が多く、長期保有に適さないものがほとんどです。こうした投信は、自ずと売買の回転率が高くなり、そのたびに販売手数料が金融機関に入る仕組みになっています。」

(参照:金融庁HP)

 

高齢化が進む中、投資信託は、国民が今ある貯蓄を増やしていく上で非常に重要な商品だ。だが日本では(その時々の流行に合わせた)テーマ型の投信が作られ、2、3年もたつと(買いかえられて)資産残高が半分になるものが多い。しかも売れている投信の多くは販売手数料が3%超と他国と比べて高い。販売会社がどうやって顧客の資産を増やすかに重きを置けば、もう少し違った商品組成と販売のやり方があるのではないか

(参照:毎日新聞https://mainichi.jp/articles/20170806/k00/00m/020/129000c)

 

健次の総評

ここまで見てきた通り、特定のテーマに絞った投資信託となっており長期投資には適さず更にアクティブ型の運用を行っているが実際にはインデックスを大幅にアンダーパフォームしており芳しくない成績となっている。

更に関係者が多く、アクティブ型の投資信託の為手数料が高くなっており、成績が悪くても高い手数料を払うこととなる結果資産の大幅な減少を招く恐れがあり資産運用先とshちえは適さないと言える。

おすすめの投資先

特定の分野にフォーカスすることなく、資産を安定的に殖やすベンジャミン・グレアム氏によって開発された本格的なバリュー投資(参照:ネットネット株って何?ベンジャミン・グレアムの投資手法を分かり易く解説<図解有り>)を更に効果的に実践し、創設以来6年間マイナスの運用成績がなく年率10%程度の利回りを出し続けている国内ヘッジファンドをおすすめします。

ヘッジファンドといえば、海外の富裕層のみが行っている怪しい投資というイメージを持たれている方もいらっしゃると思いますが、ハーバードの年金基金や日本の生保などの機関投資家も運用先としても組み入れている主体なのです。

更に日本でも運用総額は増え続けており、徐々に一般的になりつつもあります。(以下図の緑色がヘッジファンドです)

日本のヘッジファンドの優位性については【2018年】日本のおすすめヘッジファンドと、投資する際に気をつけたいポイントで詳しく纏めておりますので参考にしてみて下さい。

長期投資に適しており尚且つ下落リスクを極力抑えた運用手法で、安定的な成績を出し続けているファンドについて以下にて纏めておりますのでご覧ください。

実際にファンドの方と会って、運用方針やいままでのファンドの成績について直接伺ってみるとよいでしょう!

 

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヘッジファンドと投資信託を比較。1,000万円を運用するならどちらが良い?

ヘッジファンドと投資信託の違いについて徹底解説!!~儲けるにはどちらが適している...

投資信託を購入するリスクをわかりやすく説明~窓口営業の嘘を暴く~

真のバリュー(割安)株投資を実践する投資信託は存在しない

投資信託をおすすめ出来ない理由を徹底解説

投資信託販売員はどのように儲けているのか~投信販売員が実践する資産運用法とは~