株式投資における重要指標PBR・PERをわかりやすく説明する

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!航です!

前回は投資を行う上で重要な指標のうち経営の効率性をはかる指標としてROEとROAについて説明しました。
(参照:投資を行う上で重要な指標(ROE、ROA)をわかりやすく解説する )

今回は割安を図る指標として代表的なPBRとPERについてわかりやすく書いていきたいと思います。

PBR

まずPBRですが、これはPrice Book value Ratioことで日本語では株価純資産倍率となります。

概要

PBRは簡単にいうと、企業が有している純資産に対して、現状の株価が割安か、割高かを示す指標となります。以下の式で算出されます。

PBR = 時価総額  ÷ 純資産

時価総額というのは
発行済み株式数 × 現在の株価
で表されるもので、要は今マーケットでこの企業を買おうと思ったらいくら必要ですかという数値です。

PBRの適正値とは?

ここで株価の理論値を算出する理論株価の議論に立ち返ります。
ここからは簡単な数学の変形を行っていくので、興味のない方は最後の式の結果だけを見て下さい。

まず理論株価は以下の数式で表されます。

理論株価=(①現時点の純資産価値 +②今後の事業価値 ) ÷ ③発行済株式数

そしてこれを少し変形する。つまり両辺に③発行済株式数を掛け合わせると以下のようになります。

理論株価×③発行済株式数 =  ①現時点の純資産価値 + ②今後の事業価値

即ち

理論時価総額 = ①現時点の純資産価値 + ②今後の事業価値

これを更に両辺を①現時点の純資産価値でわると

理論時価総額/①現時点の純資産価値 = 1 + ②今後の事業価値/①現時点の純資産価値

PBR=時価総額/純資産なので、これを代入すると

理論的PBR = 1 + ②今後の事業価値/①現時点の純資産価値

となります。つまり理論的にはPBRは1を下回らないということになります。
これは当然といえば、当然です。以下例で考えてみましょう。

ある企業が5000万円現金を保有していて、借入金が3000万円あるとします。
するとこの企業の純資産は5000万ー3000万=2000万円となります。

この企業が100,000株発行していたとしたら、最低でも2000万円÷100,000株=200円より株価は上ですよねということです。

更に企業には今後事業で稼いでいくという余地があるわけですから、この事業価値も考えると当然200円より上にいないとおかしいというわけです。

理論的にPBRが1を下回ることがないということは分かった。

けどちょっとまってくれ、PBRが1を下回る企業なんてわんさか存在しているぞ!!という指摘をこのままでは四方八方から浴びそうです。

ではPBRが1を下回る要因をそれぞれ見ていきたいと思います。

PBRが1を下回る理由①:事業価値がマイナス

先程の式を見ていきましょう。

理論的PBR = 1 + ②今後の事業価値/①現時点の純資産価値

この右辺の第二項がマイナスであれば、PBRが1を下回ることは考えられます。

つまりお金は一杯もってるけど、事業を行えば行うほど赤字を垂れ流してしまう企業なんかがこれに該当します。

このような企業の場合、取るべき策は抜本的な経営改革を行うか現時点で解散を行うかのどちらかになります。

PBRが1を下回る理由②:資産価値の過大評価

そもそも財務諸表にのっている純資産が、本当に価値のあるものなのか?ということです。

純資産は総資産から総負債を差し引いて算出します。つまり総資産が過大に評価されてしまっていては、純資産も過大に評価されてしまうということです。

先程の例では資産として現金5000万円を上げましたが、実際には一言で資産といっても様々なものがあります。

例えば、
商品:本当にその価値があるのか?本当に売れるのか?
機械設備:減価償却した数値を記載しているだけで、陳腐化して実際は0なのではないか
建物:本当に建物にそれだけの価値があるのか?
土地:本当に土地の地価は正しいのか
のれん:無形固定資産なので、極めて怪しいものです。

といったように、事業性の資産の中には本当に適正に評価されているのか怪しいものが存在します。

その為、投資家がこの企業の総資産は過大評価されており、純資産も結果的に過大となっていると考える場合はPBRが1を下回ります。

PBRが1を下回る理由③:投資家から放置されている

これは上の①と②が企業側の問題でPBRを1を下回りましたが、この③はただただ時価総額が小さく、東証二部や地方の証券取引所に上場されている為、投資家の目につかず圧倒的に割安に放置されているという銘柄になります。

先程事業性の資産は不透明なものが多いと申し上げましたが、このような銘柄の中には、現金性の純資産だけで時価総額をこえているような圧倒的な割安銘柄も存在します。

現金性の資産は以下のように算出できます
現金+売掛金+受取手形+有価証券ー貸倒引当金

つまり現金として入ってくるものから、売掛金や受取手形が回収できない可能性を加味した貸倒引当金を差し引いて、現金同等物をいくら有しているかということを算出します。

ここから総負債を差し引いて保守的な現金性純資産を算出します。

現金同等物の資産総負債 現金性純資産  >  時価総額

という銘柄が実際に存在します。以前私が分析した丸八ホールディングなんかもこの類です。(参照:バリュー株銘柄研究①丸八ホールディング(2018年1月25日))

このように圧倒的に割安にもかかわらず放置されている銘柄をネットネット株といい、バフェットの氏であるベンジャミン・グレアム氏が投資を推奨している銘柄になります。

私が投資しているヘッジファンドもこのよおうに銘柄を炙り出し、安定した利益を上げ続けています。

まとめ

理論的にはPBRは1を下回ることはないが、業績悪化企業や不透明な資産を有している企業の場合は1を下回ることがある。

しかし、時価総額の小さい企業の中には安全に見積もった純資産でも1を下回る銘柄が存在しており、これこそが真の意味でのバリュー株投資対象銘柄となる。

PER

PERはPrice to Earning Ratioといわれるもので、日本語訳すると株価収益率となります。

PERの概要

PERを式で表すと以下のようになります。

PER = 時価総額 ÷ 当期純利益

つまり何を示しているかというと、現在の利益をいくら積み重ねれば時価総額に到達するかという指標です。言い換えると、何年で元本回収できますか?ということです。

不動産投資に置き換えると分かり易く、1億円の物件を買って、家賃収入が500万円でしたという場合、PERは20倍となり、20年で家賃収入で元本の1億円を回収することが出来るということです。

また、逆数にすると利回りとしての意味も持ちます。例えばPERが20倍であれば、利回りは5%ということになります。

PERの適正値は?

一般的に適正値は14倍~16倍と言われており、現在2018年1月時点の日経平均株価が16倍、米株が20倍となっていますので、割高な水準になってきています。

ただPERが高いからダメかといわれると一概にはそうは言えません。

例えばハイテク産業では成長率が高いのでPERが30倍でも有望な企業はあり、投資家が殺到します。現在のPERが30倍でも、来年利益が倍になれば15倍、更に再来年利益が倍になれば現状水準だとPERは7.5倍になりますからね。

実際師であるベンジャミン・グレアム氏の投資哲学を受け継いだ、バフェット氏は割安銘柄投資を行っていますが、コカ・コーラは利益の進捗率が凄まじかったこともありPERが20倍を超えていたにも関わらず購入しています。

またこれと同じで新興国も成長が見込まれる国ではPERが20倍を超えてきます。
そんな中、私が今着目しているイランでは成長が著しく見込まれるにも関わらずPERが5倍~8倍に放置されており、現在大変注目しています。(参照:イランの魅力)

更にPBRと組み合わせることによりPER上は割高であっても、PBRを加味すると割安な銘柄は存在します。以下のような企業Aを考えて見ましょう。

現金性資産:100億
事業性資産:150億
総資産:250億 (150億+100億)
総負債:70億円
純資産:180億 (250億-70億)
時価総額:27億
発行済株価:1000万
現時点に株価:270円 (27億÷1000万)
純利益:1億円

このような銘柄の場合、
PER=時価総額27億 ÷ 1億円 =27倍と非常に高くなりPERだけでは割高のようにも見えてしまいます。

一方、PBRは
時価総額27億 ÷ 純資産 180億 = 0.15

現金性資産だけでみた保守的PBRは
時価総額27億 ÷ 保守的純資産(100億-70億) = 0.9 

と保守的に見積もっただけで、PBR0.9倍という圧倒的な割安銘柄となっています。グレアムのネットネット株の条件を満たしており、圧倒的な割安銘柄であることが分かります。

全体的なまとめ

以上のようにPBRとPERは割安さを図る指標でありますが、PBRがBalance Sheetに注目しているのに対して、PERがPLに注目しているという点で異なります。

PERで割高と判断されても、PBRでは割安と判断される場合もありますし、その逆もまた然りです。

投資スタイルに応じてどちらを重視するかを判断する必要があります。

一般的には株価下落をミニマイズさせたいのであれば、PBRに着目し十分な安全域を有している株価に投資。

成長株に投資し大幅な利益を取っていきたいのであれば一株当たり利益であるEPSの伸びを予想しながらPERに着目して投資していくのがいいでしょう。

個人的には利益の伸びというのは予測の範疇を抜け出さない一方、PBRの中でも特に現金性の資産だけを加味した保守的PBRは財務諸表から確固たる数値を元に分析できるので、PBRに着目した投資スタイルを取っています。

以下に企業のバランスシートに着目して圧倒的な割安銘柄を選定し、投資を行うベンジャミン・グレアム氏が提唱したバリュー株投資について纏めていますので参考にしてみて下さい!

【参照】
ネットネット株って何?ベンジャミン・グレアムの投資手法を分かり易く解説<図解有り>

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インフレヘッジに金投資は有効なのか?~おすすめの資産運用は何なのか?~

NO IMAGE

投資におけるリスク指標である標準偏差(ボラティリティ)についてわかりやすく解説す...

【まとめ】新興国に投資する際に抑えておきたいリスク

イラン株投資の魅力を個別銘柄を用いて解説する①

1000万円を元手に多少のリスクをとってでも、大きなリターンを得たい方向けおすす...

会社を辞めて経済的・時間的自由を手にする為の資産運用