本多静六「私の財産告白」を読んで3~本多翁の人生教訓 ~

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!ワタルです!

前回、前々回と本多静六翁の貯蓄法と投資法について特集してきました。
本多静六「私の財産告白」を読んで1~本多式貯蓄法について解説~
本多静六「私の財産告白」を読んで2~本多式投資法~

今回は第三回ということで、その他の本多氏の考えについて共有していきたいと思います。

投資に関連することから処世術のようなものまでありますが、過去の偉人の話として耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

事業を行うには調査が大事

何事も事業を行うには調査が第一ですが、これをケチれば大きな事業を成し遂げることが出来ないという考えを満業社という会社の社長の鮎川氏から聞いて感銘をうけたそうです。

今では聞いたことない企業ですが、満州重工業開発という終戦まであった会社の社長の謹言ですね。

これは投資にも通ずるところがあり、自分の大切な資金を投じるからには徹底的に分析した方が良いということに繋がると思います。

失敗に囚われるな

ある時、本多氏に青年から事業で蓄えた資金の一部をペテン師に騙されて、失ってしまったと相談があったそうです。

然し、その若者はまだまだ手元に資金が残されており、本多氏は彼にこうアドバイスしました。

失った資金の為に、残りの資金まで失うつもりか、騙されたのは自分の責任なので未熟さを反省し、取り返せないお金の為に時間を浪費したりヤケになるようなことになれば取返しのつかないようなことになる。

失敗を社会学の月謝とみることにより、人生を有意義に過ごすことが出来ると。

投資でも大きな損失を蒙った経験があるという方は多いのではないでしょうか?

大切なのは、その失敗の原因に向き合い、真摯に研究して同じ過ちを起こさない前向きな思考法であると説いているのです。

また失敗は社会大学における必須項目で、この過程を経ないものは真に成功を収めることが出来ないと失敗の重要性について説いています。

私もプロフィールに書いてある通り、リーマンショックのような失敗を経て反省して投資手法を変えてここまで来ているので、投資も失敗を糧に学んでいきましょう!(参照:管理人プロフィールと投資戦略紹介)

宝くじや競馬で当たった人の運命

本多翁が競馬にあたった若者を例に説明しています。

一年間の学費が72円の時代に1000円の競馬の大当たりをした学生がいたそうです。(ここからも分かるように、インフレは恐ろしいものです。私の時代の東大の年間学費が55万円だったので、単純に明治の時代からのインフレは8000倍という感じですね)

インフレに関しては以下纏めていますので参考にしてみて下さい!
日本で深刻なインフレが発生する可能性を検証
日本で想定されるインフレと、対策について徹底検証
ベンジャミン・グレアムのインフレに関する考察
インフレヘッジに金投資は有効なのか?

すいません話がインフレという横道にそれましたが、この学生は最初は大金を受け取ることに躊躇しましたが、徐々に使い慣れてきて忽ち放蕩生活をはじめ怠け癖がつき、消息が消えたという状況となったみたいです。

近年でも良くテレビで特集されているように、宝くじで当たったような人は最初は謙虚に使いますが、徐々に大盤振る舞いしてしまい最終的に一文無しになり、そのころには浪費癖がついているので最初より貧しくなるという事例が良くきかれます。

本多翁の経験からもこの類の小成金の人達は同じような道をたどった人ばかりであったそうです。

彼曰く真の金儲けというのは、徐々に、堅実に、自己の本職本業を守って努力を積み重ねていく外ないと指摘しています。

投資でもいきなり年率50%とか100%といった大きな利回りを狙って危険な投資をするのではなく、10%程度の利益を徐々に着実に積み重ねていくべきであるということですね。
(参照:1000万円を年利50%超えで運用しようと思っている人の読んで聞いて欲しい話)

Win-Winの関係の構築

本多静六翁風にいうと儲けるには儲けさせよという言葉なのですが、現代風にいうとWin-Winの関係の構築ですね

儲けようと思えば人にも設けさせ、人に儲けさせれば自然に自分も儲かってくるという信条です。

この話を聞いて私が思い浮かんだのは私の投資している日本のヘッジファンドの投資手法です。

>>管理人おすすめの投資ファンド<<

私の投資しているファンドでは伝統的なバフェットの師のベンジャミン・グレアム氏の提唱したバリュー株投資(参照:ベンジャミン・グレアムの投資手法を分かり易く解説)を実践しているのですが、一つ欠点があります。

割安に放置されている銘柄は、市場からの注目が少ない銘柄である為、万年割安株として放置されるリスクがあるのです。

そこでグレアムの作ったグレアム・ニューマンファンドという世界発のヘッジファンドや私の投資しているヘッジファンドでは、割安株の株を大量に購入して株主として経営陣に株主価値最大化の提言をします。

これは自己株買や増配、経営改善策などなのですが、これが実行されれば株主である企業の経営者も自身の価値が増大し儲けさせることが出来るのです。

彼ら自身が儲けることができるのであれば、その施策は実行に移されやすく結果として株主価値の最大化によって市場の注目をあび株価が正常な値まで急騰するのです。

正に他者(経営者)を設けさせ自身(ファンド)も設けるという手法を取っているんですね。(参照:【2018年】日本のおすすめヘッジファンドと、投資する際に気をつけたいポイント)

 

サラリーマンとしての処世術①:嫉妬の怖さ

実は本多翁はあまりにも貯蓄と投資で大きな金額を資産として築いてしまった為、大学の学士会の寄付金として1000円を投げ出し(当時の年俸が100円に満たない時代です)た時のことです。

そのあまりの金額の多さに学者であるにも関わらず、よからぬ相場で儲けている。このような相場師を神聖な大学の学舎にいれるべきではないと辞職勧告を同僚からうけたことがあるそうです。

最終的には貯蓄と真っ当な投資で財を築いたことを納得してもらい事なきを得たそうですが、彼はここから重要なことを学びました。

普段から驕っていたいたために、よからぬ嫉妬を産んでしまったことが原因だと反省したのです。

昔サラリーマンの伯父が女の嫉妬より男の嫉妬が怖いと言っていたのを思いだします。サラリーマンをする上では、他人に配慮し出来うる限り嫉妬を買わない生き方を勧めています。

サラリーマンとしての処世術②:謙虚さもほどほどに

本多氏は現東京大学農学部を首席で卒業後、ドイツ留学を経験した為帰国後には教授になることを打診されたみたいです。25歳の若さでです。優秀どころのレベルではないですね。

しかし、自分の恩師の方々が助教授だった為に、流石に上にいくわけにはいかないと教授を辞退し、助教授に甘んじました。

当時は良いことをしたと自分を誇らしく思ったらしいですが、その結果出世が大幅に遅れ、給料が低い時代本当に苦しい思いをしたということもあり、本多氏は過度な謙遜はすべきではないとの教訓を得ました。

その為、後年何かを依頼される場合は出来る限り高い地位と権限を要求するようになり、それによって高い結果を出してきたと自負しています。投資家としてではなく85歳の諫言ですね。

まとめ

本多静六氏は貯蓄王、投資家としてだけではなく、人生の教訓についても纏めて財産の告白で触れています。

明治の偉人の考えに触れてみて、相場で勝つ人の考えは古今東西問わず割と似ていることを発見できましたし、人との付き合い方についても学ぶことが出来ました。

また彼のような日本の偉人の考えについて折りに触れて纏めていきたいと思います。

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界最大のヘッジファンドを率いるレイ・ダリオについて特集する 〜ブリッジ・ウォー...

ルネッサンス・テクノロジーズを率いるジェームズ・シモンズについて特集

バフェット流の銘柄選択手法⑤:市況要因による株価の買い時

ひふみ投信創設者藤野英人氏の思考法2~投資バカの思考法を読んで~

ベンジャミン・グレアムの考え方特集4~積極的投資家の投資指針とバリュー株投資の有...

バフェット流の銘柄選択手法⑥:株の仕込み時と売り時