BMキャピタルに出資の問い合わせをする方法を説明

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!ワタルです!

本日は私の投資ポートフォリオの最大ポーションを占めているBMキャピタルについて、出資を行う際の方法について詳しく解説していきたいと思います。

また今回は問い合わせ方法について説明しますが、BMキャピタルについては会社形態、運用哲学・手法、成績について以下に詳しく纏めておりますので参考にしてみて下さい。

【参照】
【まとめ】BM Capitalの口コミ・評判、運用成績・利回り、投資手法を投資家目線で解説

私募ファンドへの問い合わせ方法

投資信託であれば、銀行や証券会社の窓口で購入対象の投資信託に対して振込を行う、又はネット証券をお持ちでしたらネットで気軽に購入することが出来ます。

しかしBMキャピタルを始めとしたヘッジファンドは「私募ファンド」という扱いとなり、第一種/第二種金融商品取引業や投資助言・運用業者としての登録を行って資金を集める形態ではない為、公にファンドの募集をかけることが出来ないのです。

※ BMキャピタルの会社としての形態についてはこちらの記事(BMキャピタルの会社形態について徹底解説)にまとめていますので、興味のある方はご覧下さい。

電車の吊革や本屋で、投資信託に関する本や宣伝は良く見かけますが、私募ファンドに関する宣伝は全く見かけませんよね。これは、このような募集の方法の違いによるものです。

それゆえ、BMキャピタルと言った私募のファンドというのは、知名度が上がるということがありません。

では、こういった私募のヘッジファンドに出資するにはどうしたらいいかというと、一般的に2つのパターンがあります。一つ目は、関係者を通じて紹介をしてもらう方法。もう一つは、自ら問い合わせる方法です。

方法1:関係者を通じての紹介

ここで言う関係者とは、会社の内部の人(営業員やトレーダーといった社員)、もしくは、このファンドにすでに資金を投下している投資家、です。

BMキャピタルの社員もしくはBMキャピタルにすでに投資している人が周りにいれば、かれらの繋いでもらうことで投資の申し出をすることが可能です。

私の場合は、もともとファンドマネージャーが東京大学時代の先輩であったこともあり、直接連絡をとって出資を行いました。

多くのヘッジファンドは、こういった知人周りからの口コミをベースで規模を大きくしていくのが一般的です。資産を持っている大口の投資家、つまり平たく言ってしまうと「お金持ち」の人達には彼らの独自のコミュニティがありますから、そこで良いファンドというのが話題に登るわけです。

BMキャピタルも、現状、この口コミによる広がりがメインとなっているようです。毎年良い利回りを出していますので、投資家から投資家への波及が起こっている、ということでしょう。

方法2:自ら問い合わせる

まわりに社員や投資家といった関係者がいない場合は、自ら問い合わせるをすることで出資が可能です。以下ランキングの中に公式ページが存在します。

公式ページをクリックすると、以下のようなフォームがでてきますので、順に回答しましょう。

なお、この時点で気になっていることは全て備考欄に書いておくと、面談時の受け答えがスムーズにいくと思います。

希望出資額の欄は1,000万円となっておりますが、1000万円未満でも出資を受け入れてもらえる場合もあるようなので、最低出資金額について不安な方はこちらの記事も参考にしてみて下さい!

各種情報を入力して、問い合わせを送信すれば、ファンドの方からの連絡を貰えると思います。実際の投資を行う際に、対面にて、投資戦略・手数料・預け入れと引き出しの方法等々、確認しておきましょう。

補足:出資の前に対面で会うことの重要性

自分で問い合わせてファンドの人と実際にあって話を聞くのは面倒であると思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、自分の大切な資産を預け入れるかの判断を下す訳ですが、それくらいの手間を惜しんではいけないと思います。

実際に会うことで運用方針や運用哲学、過去からの運用収益についてマンツーマンで説明を受けることが出来るのです。

銀行や証券会社の窓口で投資信託の販売を行っている窓口営業員は、自身が販売している投資信託について実はあまりよく分かっていないのですが、ヘッジファンドの営業員は自身の資産もファンドに預け入れている場合が多く、ファンドについての非常に詳しい説明を受けることが可能です。

【参照】
投資信託を購入するリスクをわかりやすく説明~窓口営業の嘘を暴く~

実際に自らも投資家でありリスクを取っている人から話が聞けるという観点から、ヘッジファンドの営業員は営業マンであると同時に同じ目線の投資家でもあり、参考になる部分が多いのが特徴です。

更に投資をした後も、担当としてヘッジファンドの営業員がアフターフォローも行いますので、長期間の関係を築くことになります。投資信託の場合、投資したらそれでもう終わりですからね。

 

以上。今回はBMキャピタルへの投資方法について紹介しました。ブログではこの他にも様々な考察を行っていますので、是非参考にして下さい。

 

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BMキャピタル(BM CAPITAL)の運用手法を徹底的に解説する

【運用報告】BMキャピタルの2017年度利回りと投資実例を紹介

個別銘柄を用いてBM キャピタルの運用手法を研究

【一投資家がBMキャピタルの全てを解説】口コミ・評判・運用成績・利回り、投資手法...

BMキャピタルは怪しい?実際に投資している人が解説する。

BMキャピタルはいくらから投資できる? 〜最低出資額について解説〜