資産が5000万円あったらセミリタイア(早期リタイア)できるのか??

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!ワタルです!

本日は、まず皆さんが目標とされている方も多いであろう資産5000万円。

仮に5000万円を築くことが出来た場合に、セミリタイア(早期リタイア)を行うことが出来るのかという点について紐解いていきたいと思います。

セミリタイアの定義

まずはセミリタイアとはそもそもどのようなものなのかということについて定義していきたいと思います。

セミリタイアは定年退職(リタイア)する迄に、早期に会社を退職して好きなことをしながら悠々自適に生活することを指します。

60歳の定年まで、主に40代から50代に会社を辞めて少しは働いて収入を得ながら、自分の趣味等に打ち込む皆が憧れる生活というわけです。

私のもと所属していた総合商社でも50代にもなってくると早期リタイアする方が、続々とでてきていたので近年急速に増えてきた生活スタイルであるということが出来るでしょう。

早期リタイアに必要な資産の算定

まずは結局いくら必要なのかという点を考えていかないといけません。

60歳以降の老後に必要な資産

まずは60歳以降に発生する費用ですが、今後平均寿命が延び得ること、インフレが発生する確度が高いことから最低でも1.0億円が必要になってくると考えています。

一方年金については定年まで払ったとして受給できる金額は5000万円程度となります。

また受給年齢が引き上げられる可能性、早期リタイアに伴う毎月の受給額の減少を考えると更に少なくなることを考慮しておいたほうが良いでしょう。

【参照】
30代から発生する費用っていくら?
生涯見込まれる収入についての考察
マクロ経済スライドをわかりやすく解説~貴方の年金が将来相対的に減額される~

つまり最低でも老後だけで差し引き5000万円が必要になることが分かります。

40歳・50歳でリタイアする場合に必要となる資産

60歳から最低5000万円かかるのに、それ以前に退職してしまっては当然足りなくなるのは目に見えていますよね。

私の場合(妻と子供2人)ですと、40代は平均月60万(10年間で7200万円)、50代は子供が大学に進学するので月70万(10年間で8400万円)が必要であると考えています。

その為、40歳時点で早期リタイアする場合は2億600万円、50歳時点で早期リタイアする場合は1億3400万円が必要な計算になってきます。

不足分を埋める方法①:労働で稼ぐ-50歳早期退職金を貰うケース-

今までの理論で仮に早期リタイアする場合は資産が40歳時点の場合2億600万円、50歳時点で1億3400万円必要であると資産しました。

例えば50歳で辞めた場合ですと、会社にもよりますが早期退職一時金は60歳まで働いた場合よりも高い金額を貰える可能性が高く3000万円~4000万円程度貰える可能性があります。

その為、実際に必要な金額は1億円程度となります。

60歳までで稼ぎきるなら年1000万円、70歳までのらりくらりと稼ぐのであれば年500万円という金額を稼ぐ必要が出てきます。

この金額を労働だけで稼ぐのであれば、我慢してあと10年ほど働いたほうが良さそうですね。

不足分を埋める方法②:5000万円の資産運用で補う

次に折角5000万円というお金を持っているのだから、お金に働いてもらおうじゃないかという考えがよぎります。

5000万円を仮に10%程度で運用できた場合、毎年500万円の運用収益を獲得することが出来ます。

500万円の運用収益を確保することができれば、50歳時点でセミリタイアしたとしても70歳時点で目標を達成することが出来ます。

しかし、この運用のみで補う方法にも落とし穴があります。

運用のみで乗り切る落とし穴①:10%を継続しても運用資産総額が減少する

運用益で乗り切る場合、5000万円からの運用益を生活費に回します。

そのため、毎年プラス10%の運用利益を出し続けたとしても50代のうちは運用資産額を取り崩す必要があります。

つまり年700万円が必要となるとすると、仮に10%の運用を出したとしても▲200万円となります。

つまり、翌年には運用総額が4800万円になっています。10%を10年間出し続けたとしても運用総額は2000万円以下にまで減少してしまいます。

1年目:4800万円
2年目:4580万円
3年目:4338万円
4年目:4071万円
5年目:3778万円
6年目:3555万円
7年目:3210万円
8年目:2831万円
9年目:2414万円
10年目:1955万円

例えば3%の利回りしか出せなかった場合150万円しか運用益を生み出すことしかできません。

利回りを再投資による複利効果を得ることができないばかりか、運用総額が加速度的に減少しているのです。

運用のみで乗り切る落とし穴②:マイナスの成績となれば深刻

先程は仮に10%で運用が出来た場合でも資産が60歳時点で半額になってしまいます。

しかし例えば、10%の運用損をだしてしまった場合、5000万円→4500万円になるばかりではなく生活費の700万円も取崩し、一年間で3800万円まで減少してしまうのです。

資産運用で早期リタイアをしようとするのは危険であるということが出来ます。

複利で資産運用を行う必要性

資産運用は資産を増やすのに非常に有用な選択となりますが、それは複利効果を味方につけることが重要な要因となります。

5000万円を運用して毎年10%運用したとしても毎年運用益500万円を引き出せば永遠に元本5000万円は増えていきません。

その為、いつまでたっても500万円しか受け取ることができないのです。更にマイナスの運用成績を出してしまえば、元本が減少するため受け取る運用益も少なくなってしまいます。

しかし、5000万円の10%の運用益を再投資して運用していけば資産は飛躍的に増加していきます。

5年目:8,052万円
8年目:1億717万円(2倍達成)
10年目:1億2968万円
15年目:2億886万円
20年目:3億3637万円

と加速していきます。

5000万円という資産の運用益を生活費にして回すことを考えるよりは暫く我慢して、複利で運用して確固たる資産を築いたほうが安全であるといえるでしょう。

下落リスクを極力おさえながら5000万円を安全に5%~10%を運用する方法について以前纏めておりますので参考にしてみて下さい!

5,000万円のおすすめ資産運用法 〜5%から10%の運用により老後の安定資産を確実に築く〜

総括

5000万円という資産で会社をやめてセミリタイアするのは労働収入や運用収入だけでは難しいことが分かる。

仮にセミリタイアするのであれば、運用益と労働収入を組み合わせることにより可能になるが、5000万円を複利で運用することによって安全な1億円以上の資産を形成してから堂々とリタイアする方が安全であると思います。

現在5000万円未満の資産という方は、以下の記事も参考にしてみて下さい!

【合わせて読みたい】
【2018年】1000万円を資産運用する際の考え方とおすすめの投資先5選を徹底解説
2000万円~4000万円のおすすめ資産運用。リスクをおさえて確実にリターンを出そう。

 

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1億円を安全に資産運用して2億円を築きリタイアする確かな方法

5,000万円のおすすめ資産運用法 〜5%から10%の運用により老後の安定資産を...

5000万円を現金や投資信託で保有してしまっている人必見!低リスクで儲ける資産運...

1億円のおすすめ資産運用

5000万円を安全に資産運用して10年以内に1億円を形成する、おすすめポートフォ...

5000万円の資産運用と100万円の資産運用の考え方が根本的に違う理由を解説する