1億円のおすすめ資産運用

Pocket
LinkedIn にシェア

以前1000万円の運用法2000万円~4000万円のおすすめ資産運用で、このようなある程度纏まった資産を殖やして目標の1億円を蓄えるために最適な方法を紹介させて頂きました。

今回は既に富裕層の仲間入りを果たした場合のお薦めの運用手法について解説していきたいと思います。

まず皆さん1億というのは非常に分かりやすい数字で、所謂ミリオネア (正解には100万ドルなので、現在の1ドル110円のレートから換算すると1億1000万円ですが) の仲間入りをすることになります。

因みに以外に知られていないかも知れませんが、居住用不動産を除いたミリオネアの数は、1位の米国が300万人、2位の日本は180万人、3位のドイツは95万人となっております。

更に人口比でみると日本は人口の1.4%とアメリカの1.0%を抜いて世界一となっています。

意外に日本人、金持ちが多いですね、名古屋の人口と同じくらいの人が1億円以上保有しているというのは実感わきません。銀座の街で歩いている高貴そうな人は全員ミリオネアなのかという目で見ていきたいと思います。笑

1億円を築いた後も資産運用は必要なのか?

では1億というお金は人生をあがるのに十分なお金でしょうか??

例えば30代~50代の時点で1億円を保有していたとしても、それだけで今後発生する費用を賄いきることは出来ません。(参照:30代から発生する費用っていくら??)

60歳時点で1億円を有し、更に年金を受給していけるのであれば、ある仮定のもとでは安泰といえる金額でしょう。

然し、そのある仮定が崩れ去った瞬間に脆くも、安全神話は崩れ去ります。

日本人は、この30年間近く味わっていないので忘れている方、又は経験していない方が殆どだと思いますが、それは物価水準が現在と同じであった場合という仮定です。

つまりインフレが発生した場合は、当然資産を現預金として持っていた場合枯渇することを考えないといけません。(参照:日本で発生するインフレの可能性)

 

当然物価が上がれば、その分お金の価値は目減りしますので、お金自体を殖やさないといけないということです。また更に裕福な暮らしを目指しているのであれば、1億円だけでは正直もの足りないです。

また投下できる資産を有しているということ自体が、抑々の強みであったりもします。

1000万円を10%で運用しても100万円しか得られませんが、1億円を10%で運用できれば1000万円の利益を得ることが出来ます。

運用利回りだけで高級サラリーマンと同じ金額ですね。

一昨年話題になった、トマ・ピケティの21世紀の資本論の中でも、資本から得られる収益と労働から得られる収益の差は拡大していく一方であると論じられています。

また考えてみて欲しいのですが、ソニーやGE等の過去脚光を浴びたメーカーが現在では製造業で蓄えた資産を元に開始した金融サービスが収益の柱を担っていることからも分かる通り、蓄積した資産こそ更に資産を殖やす為の起爆剤になるのです。

1億円という、ある程度纏まった資産を築いたからこそ、築いた資産を用いて資産を殖やしていくことは、貯めた1億円を預金として置いてくことに比べ非常に理にかなった選択なのです。

今回はインフレリスクに備えつつ、資産を安定的に増やしていく方法について紹介していきたいと思います。

おすすめ投資先① 不動産投資

前回2000万円~4000万円のおすすめ資産運用では、不動産投資を寧ろ否定的に書きました。

それは、2000万~4000万円でリスクを抑えながら投資できるのは、都内ではワンルームマンションしかなく空室リスクや想定利回りも5%程度という低い利回りを考えると、管理に掛かる手間(住民からのクレーム、部屋の修繕) やリスク(空室リスクや地価下落リスクが1室だと大きすぎる)という観点を加味すると投資妙味が低いと考えられるからです。

然し1億円の資産を有していれば話はかわってきます。

富裕層の不動産投資はワンルームマンション投資ではなく、マンションの一棟買です。

不動産投資で成功している方は基本的には、マンションの一棟買で大きな利益を得ています。

マンション1棟て10億円くらいするんじゃないの??

と疑問に思われた方もいるでしょうが、調べてみると東京都心でも1億5000万円程度で購入することが出来ます。

あれ、それでも1億円をオーバーしていますが、手堅い不動産投資でレバレッジが1.5倍というのは大した借金の金額ではありません。7000万円を不動産投資に回したとしてもレバレッジは約二倍と安全な領域です。

このマンション一棟買の魅力としては、まず利回りの高さが挙げられます。

ワンルームマンション投資の利回りが5%なのに対して、一棟買の場合の想定利回りは10%程度が見込まれます。その分マンションの管理に掛かる手間等の煩雑さは増大しますが、レバレッジを2倍効かせた上での、10%ですので元本対比でいえば20%の利回りも望むことが出来ます。

次に空室リスクをある程度マネージできることが挙げられます。

ワンルームマンションであれば空室または満室のどちらかですが、一棟買の場合は部屋の数が多くなるため、0-100%ではありません。また空室率はある程度、事前に調べることは出来ますので、空室リスクを自らマネージすることが出来ます。

最後に重要なのはインフレに連動している点です。物価が上がれば、当然土地の価格や給与も上がっていきます、それに応じて取得できる家賃収入も当然増加していきます。

資産を防衛しながら、尚且つ増やしていく手法として1億円を有しているのであれば、不動産投資を中心に据えるのがよいでしょう。

おすすめ投資先②ヘッジファンド投資

富裕層が不動産投資と共に活用しているのがヘッジファンドへの投資です。

ヘッジフお皆さんァンドはどのような市況環境であっても、収益を追求する絶対収益追求型の運用手法をとってり、元々の起源が富裕層が自分たちの資産を守る為に活用していたということからも分かる通り、富裕層の資産運用に適しています。

 

よく真っ先に投資先として、挙げられる投資信託に対してヘッジファンドが如何に優位性があるかということについて、ヘッジファンドの優位性で説明しておりますので、ご参照下さい。

また富裕層であれば、ヘッジファンドに投資する際に障壁となる最低投資金額である1000万円もクリアすることができます。

更にヘッジファンドへの投資でも、資産をなるべく減らさない投資を心掛けるのであれば値下りリスクが非常に低い本格的なバリュー株投資を戦略としているヘッジファンドを主軸におきつつ、インフレに対応する為に新興国株式市場に軸を置いているヘッジファンドへの投資を推奨します。

バリュー株投資は巷でいわれているような、低PER・PBRに投資するといったような単純なものではありません。

投資手法についてはベンジャミングレアムのバリュー株投資手法で詳しく説明しておりますが、企業のBalance Sheetを詳細に分析して、12000円の現金が入った財布が10000円で売っているような銘柄を選択して投資する手法です。

これは資産を守る手法で、攻守でいうと守備の方の資産運用手法となります。

然し、守りとはいいつつ私が投資しているヘッジファンド(BM CAPITAL)では年間利回りは10%程度を安定的に利回りを上げ続けており、非常に手堅い投資手法となります。

更にBM CAPITALは今までの運用成績で以下のような実績を上げています。
・チャイナショックやBREXIT更に直近2018年1月~3月の相場下落局面を無傷で乗り切る
・相場上昇時も市場平均を上回る成績を維持

・2017年は手数料後の投資家利回りベースで20%以上を確保

詳しくはBM CAPITALの全てを解剖を参考にしてみて下さい!

次に新興国株式市場ですが、【まとめ】新興国への株式投資で儲けるために絶対におさえておきたいポイントにて記載しましたが、日本やアメリカが未だ新興国といわれた時の株価が今の株価に至るまで急騰したとおり、同様のことが現在の新興国でも起こることが予想されます。

成長が見込まれる正しい新興国株式市場で、更に割安に放置されている国に投資を行えば圧倒的な利回りを狙うことも可能になります。(⇒正しい新興国の選定方法)

更に今後、日本売りとなって通貨円が売り込まれた際に、海外の新興国株式市場の円ベースでの価値は上昇していきます。

仮に円安による、インフレが発生した場合には、新興国株は円価ベースで上昇していく為、円安による資産減少のヘッジを行うことが出来ます。

バリュー投資を守りの資産運用手法とするならば、新興国株式市場は攻めの資産運用手法といえるでしょう。

ポートフォリオ例

ここまでお薦めした二つの投資手法である不動産投資とヘッジファンドへの投資を組み合わせることにより資産を防衛しつつも着実に資産を増大していくことが出来るポートフォリオを組成することが出来ます。

 

個人のリスク選考度によりますが、不動産投資の為に、いくら借り入れを行うかによって変わってきます。

リスク回避的なケース

不動産投資:8000万
借入金:7000万
バリュー株投資ヘッジファンド:2000万

想定利回:
不動産1.5億×10% + ヘッジファンド2000万 × 10% =1700万 / 1億 = 17%

リスク中立的なケース

不動産投資:7000万
借入金:8000万
バリュー株投資ヘッジファンド:2000万
新興国株投資ヘッジファンド:1000万

想定利回:
不動産1.5億×10% + ヘッジファンド2000万×10%+1000万×20% =1900万 / 1億 = 19%

リスク選好的なケース

不動産投資:5000万
借入金:1億
バリュー株投資ヘッジファンド:2500万
新興国株投資ヘッジファンド:2500万

想定利回:
不動産1.5億×10% + ヘッジファンド2500万×10%+2500万×20% =2250万 / 1億 = 22.5%

 

当然リスク選好度が高ければ高いほど、損失の場合の金額は大きくなりますが、不動産投資とバリュー株投資ヘッジファンドは抑々が守りの資産運用でもありますので、そこまで大きなリスクを負ったポートフォリオとはいえません。

 

このように資産をある程度有しているからこそ、資産を累積的に着実に殖やしていくことが出来ます。

初年度の想定利回りも17%~25%ですが、この利回りを更にヘッジファンドに再投資していくことにより更に加速度的に資産が増殖していきます。

 

まさにトマ・ピケティの21世紀の資本論の実践ですね。資産を有しているからこそ出来る優位な資産運用を行うことにより、圧倒的な資産を構築することが可能となります。

1億円という資産に安穏とすることなく、更に資産を加速的に増加させていきましょう!!

【合わせて読みたい】
1億円を安全に運用して2億円を形成するためのおすすめ資産運用法

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

7000万円のおすすめ資産運用 ~安全に目標の1億円を達成する~

5,000万円のおすすめ資産運用法 〜5%から10%の運用により老後の安定資産を...

5000万円を現金や投資信託で保有してしまっている人必見!低リスクで儲ける資産運...

5000万円の資産運用と100万円の資産運用の考え方が根本的に違う理由を解説する

1億円を安全に資産運用して2億円を築きリタイアする確かな方法

5000万円を安全に資産運用して10年以内に1億円を形成する、おすすめポートフォ...