2000万円~3000万円と100万円の資産運用の考え方の異なる点を説明する

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!YOSHITAKAです!

2000万円~3000万円の資産をお持ちでこれから資産運用をする方に向けて、少額の100万円を資産運用する際の考え方の違いについて書いていきたいと思います。

2000万円という資産の価値について

2000万円というのは貯蓄するまでに非常に時間の掛かるお金となります。

サラリーマンをしていて年間100万円を蓄えたとしても20年、200万円でも10年がかかる資産となります。

100万円という資産は正直失ったとしてもおしくない資産となりますが、2000万円を失ってしまえば、立て直すのに人生の多くの時間を費やすことになる大変な大金になります。

かといって定期預金や国債のような非常に低い利回りで運用してしまっていては一向に資産が増えることはありません。

今回は資産下落を極力低くしながら、安定的な5%~10%の利回りで資産を安定的に増やしていく方法について説明していきたいと思います

 

狙う利回りの違いについて

まず目標となる資産についてですが、私は老後の資産として余裕の持った生活と年金減額ということを考えると1億5000万円程が必要と考えています。

関連記事

 

このことを念頭に考えると、100万円というのは種銭としては非常に小さい数値であるといわざるを得ません。

その為、年率5%や10%といった運用を行っていては老後を迎えるまでに多くの資産を構築できないので、取れる方法は以下の二つとなります。

・リスクを取って最初の数年で5倍~10倍の爆発的な増加が狙える資産に投下する
・毎年定額を投資でまわして元本を増やしながら10%程度の運用を目指す

一つ目の5倍~10倍の投資というのは、当然その分リスクも大きい為、投資する際の心づもりとしては、100万円であれば最悪人生に影響はないから夢を買う気持ちで突っ込んでみようという気持ちで投資することになります。

一応このような投資にも紹介しているので、参考にしてみて下さい。

関連記事

 

一方二つ目の選択肢は2000万円~3000万円の資産を運用する際の考え方と通じるものがあります。

違いは種銭をこれから作らなければいけないか、2000万円~3000万円という種銭が既にあるかという点だけです。

皆さん2000万円から3000万円という資産は築かれるのに大変な苦労されたことだと思います。

頑張って貯めた資産だからこそ、一発で大きく増やそうとは考えずに100万円の二つ目の選択肢と同様に安全にかつ着実の運用していくことが肝要となります。

2000万円を5%と10%で運用したとしても、長期間複利で回し続けることにより大きな資産を築くことが出来ます。

10%で運用することが出来れば22年目にして資産1.5億円を構築することが出来ます。

資産運用においても急がば回れということがいえそうですね。

分散投資の必要性に違いはあるのか??

次に資産運用の世界では当たり前のように喧伝されている『卵を同じ籠にもるな』という格言がありますが、100万円と2000万円~3000万円では当然考え方が違ってきます。

そもそも100万円という資産では分散投資をするにも、最低投資金額などの関係からなかなか分散投資を出来ませんが、100万円を大きく増やそうと思うのであれば分散投資の必要性は殆どありません。

100万円を10万円×10にわけて1つが大当たりして2倍になったとしても、全体の利回りとしては10%にしかなりません。

一方2000万円~3000万円であれば10%の利回りが出せればよいので、リスクをおさえつつ10%を狙う為にはある程度の分散投資が必要です。

しかし、私のポートフォリオを見て頂ければ分かると思うのですが、そこまで大きく分散投資をおこなってはいません。

これはヘッジファンドやイラン株ファンド自体が分散投資を行っている為です。

つまり投資家からみたら一つの投資商品であるファンドという選択肢も、ファンド自体が分散投資をしてくれているので実際には私の資産は数十社の分散投資が行われているという状況になっているのです。

安全でおすすめの運用手法

2000万円から3000万円の資産を安全に且つ10%程度の利益を目指すのであれば、おすすめなのは本格的なバリュー株投資です。

ここでは詳しい解説を控えますが、簡単に説明すると企業が保有しているネット現金資産性価値のみで時価総額を上回っている絶対的な安全域を有している株を保有するという手法です。

ネット現金資産

ネット現金性資産とは現金並びに現金同等物から総負債を差し引いた数値をさします。分かり易く言うと、企業が借金を差し引いて現金をいくら持っているかという指標ですね。

当然この中には棚卸資産、建物、土地などの資産は含まれいてません。

 

時価総額

時価総額とは発行済株式数×現在の株価で算出される数値で、簡単にいうと今市場でその企業を丸々購入しようと思えばいくら必要かという企業の値段を表したものです。

 

要は今企業が借金返済し終わった後に保有している現金が市場で取引されている企業の価格より高い銘柄を買おうという手法です。

借金返済後の現金  >  企業の価格 (時価総額)

こんな銘柄を見つけることができれば、下落リスクが非常に低いことが分かりますよね、実際もっているお金より低い価格で取引されているわけですから。

詳しい手法については私が保有しているヘッジファンドであるBMキャピタルの運用手法をご覧いただければと思います。

おすすめの運用先

先程安全な運用手法は本格的なバリュー株投資で、下落リスクを極力低くしながら毎年10%程度の利回りを期待できるからであると申し上げました。

そして私は個人では2銘柄このような銘柄を保有していますが、主にヘッジファンドBMキャピタルに任せています。

この理由は主に二つあります。

投資信託には本格的なバリュー株ファンドは存在しない

まず投資信託でバリュー株といわれているものは単に低PER・低PBR株に投資しているという形式的なバリュー株投資であり、私が選好する本格的なバリュー株投資を実践している投資信託は存在しません。

またそもそも投資信託は投資家目線ではなく、販売側の論理で商品が組成されている為私は信頼できないという側面もあります。

関連記事

 

ヘッジファンドの素晴らしい成績

なによりBM キャピタルが以下のように上昇局面では市場平均以上、市況下落局面ではほぼ無傷で乗り切っているという点に注目しなければいけません。

本格的バリュー株投資の強みを生かして運用出来ていることを実証しており信頼のおける成績であるというのが最大の理由です。

以下の投資信託とヘッジファンドの違いや、BMキャピタルについての詳細な説明を載せていますので参考にしてみて下さい。

合わせて読みたい

 

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2000万円~4000万円のおすすめ資産運用。リスクをおさえて確実にリターンを出...

3000万円のおすすめ運用ポートフォリオ3選(リスク・リターン別)

3000万円を安全に1億にするおすすめ資産運用

リスクを抑えながら2000万円を倍にするおすすめ資産運用