30歳で資産1000万円の方向け、定年までに1億円を構築する運用手法とおすすめポートフォリオ

Pocket
LinkedIn にシェア

30歳で1000万円。20代の間に節約して貯蓄したり、仮想通貨で運用資産が激増したりで1000万円を資産として形成できた。

けれど、ここから1億円に到達するのはまだまだ先が遠い。ここから結婚、出産、育児、教育費と出費が嵩む中で、安定した老後を送る為の資金を形成する為には給与だけでは絶対に不可能だ。

と達成感と共に途方に暮れている方もいらっしゃると思います。

今日はそんな方むけに、資産運用によって60歳時点で1億円を安全に形成する方法を書いていきたいと思います。

老後いくら必要なのか?

先程1億円必要と申し上げましたが、実際のところ60歳から90歳までの30年間でいくらの収入と支出が見込まれるのかを考えていきたいと思います。

定年後からの収入

流石に60歳以降働きたいと思っている方はあまりいらっしゃらないでしょう。

ここでは収入を年金に限定します。厚生労働省によると夫婦二人の平均年金受給額は22万円になります。

ここではあくまで保守的に現行の制度、つまり65歳からの受給は我々30代が60歳を迎えることには難しく70歳からの受給開始という前提で考えます。

70歳から天寿を全うする20年間で、発生する収入は22万円×12カ月×20年=5280万円となります。

ざっくり5000万円程度が見込まれると考えて頂ければと思います。意外に多いですね。

定年後からの支出

一方定年後からの支出について考えていきたいと思います。

あくまでひもじい思いをせず、充実した老後を送る前提で考えます。流石に人生の最後くらい楽しみたいですからね。前提として子供は一人立ちして、住居のローンは完済済を想定しています。

地域消費
支出
(合計)
食料住居光熱

水道
家具

家事
用品
被服
及び
履物
保健
医療
交通

通信
教育教養
娯楽
ワタル(60代)365100.010.05.020.020.010.00200.0

単位は1000円なので、大体夫婦で37万円程は月に欲しいなという想定になります。

すると60歳から90歳の30年間に必要となる支出は以下になります。
37万円×12×30 = 1億3320万円

如何でしょう結構必要になりますね、ひょっとしたら30年後はインフレがじわりと聞いてきてもっと必要になっている可能性もあります。

老後に向けて構築したい資産

以上のことから収入の1億3000万円から支出の5000万円を引いた8000万円が最低でも必要になってきます。

更に、インフレが発生しものの価格が高くなるリスクや、少しは子供や孫に遺産を残してやりたいと考えるなら、バッファーとして2000万円くらいはもうけて、1億円という資産を構築しておく必要があります。

資産運用の必要性

あと30年で1億円必要なのは分かった、よしこれまで以上に節約して、きりつめていかないとと思った方もいらっしゃると思います。貯蓄だけで1億円達成は可能なのかという点について考えていきます。

貯蓄で1億は可能か?

然し、悲しい哉、サラリーマンを行いながら家庭を養う限り給与所得だけで1億円貯めるのは、高級取り共働き以外難しです。

あと30年間で9000万円、つまり単純平均で年300万円になります。いままでは独身だったのでいけたかもしれませんが、家庭をもつと難しいのは想像に難くないと思います。

然し、月5万円、年60万円の貯蓄だったら可能じゃないでしょうか。

次項で月5万円の貯蓄を行い資産運用を行うことにより優に60歳時点で1億円を達成する手法について紹介します。

資産運用と投資の違い

投資というのは大きな利回りを狙い資金を投下することを指し、場合によってはその分損失を蒙ることを覚悟することをいいます。

一方資産運用はある程度の理論に基づいて、安全に堅実に着実に資産を複利効果を味方につけて増やしていくことを指します。

折角の人生を支える為の資金ですので、安全に運用したいですよね。然し、だからといって定期預金は金利が0.1%程度で全く意味がありません。

2倍にするのに3000年程度かかってしまいます。もはや縄文時代ですね。

一般的に資産運用では5%~10%の安定的な利回りで運用していくことを目指していきます。年率50%とかの派手な利回りは追求しません。

なぜなら一度資産が下落してしまったら。元の状態に戻すのは相当大変だからです。

今1000万円を投資して、投資対象が大暴落して50%下落したとしましょう。すると、資産は500万円になります。

この500万円を1000万円にするためには、100%上昇させなければいけません。

このように一度下落してしまうと、大きく出遅れてしまうため、出来る限り安全に下落リスクを小さくしながら、資産運用を行い資産を着実に殖やしていくことを心がけましょう!

おすすめの資産運用ポートフォリオ

おすすめするポトフォリオの構成は

積立型外資保険 (月5万円)米株価指数連動ETFヘッジファンド

です。順に説明していきます。

積立型外資保険

社会人をしていれば外資系の保険会社の営業員から営業がかかった人もいると思います。

または友人で外資系保険の営業員がいるという方もいらっしゃるでしょう。実際私の友人にも2人います。

積立型外資保険は自分の設定した月額が差引かれるのですが、元本保証で60歳時点で1.5倍くらいになって返ってきます。運用結果として30年という規模でみると小さいですが、保険の機能もついてくるのは大きいです。

更に米ドル建で運用を行うことが出来るのも強みです。私自身は別記事でもかいているのですが、日本は破綻しないと思っております。

然し絶対はないので仮に日本がこの30年間で破綻した場合、米ドル建の資産を構築しておくのは大きな強みになります。為替の面でもリスクヘッジになるのです。

月5万円を30年積み立てると
5万円×12カ月×30年=1800万円

これが1.5倍になると2700万円になります。

米株価指数連動ETFを購入

次におすすめするのは米株の株価指数に連動した上場型投資信託であるETFへの投資です。

まずは以下の米ダウ平均株価の過去からの推移をご覧ください。

これは米ダウ指数を縦軸を対数にとった131年間のグラフです。対数てなつかしいですね、数学のlogです。

時期によって多少停滞期があったりしますが、概ね一次関数的(直線的)であることがわります。

このグラフの傾きが一時関数的であることの意味することは、一定の成長率で株価が成長をしていることを意味します。

このベースで線を引いていくと、今ダウ平均株価は25,000ドル近辺ですが、120,000ドル~150,000ドルに成長することが予想されます。

130年間の傾向が変わる可能性は考えづらく、今後まだまだ世界経済の成長は継続していくことが見込まれますので、資本主義が継続する限り株式市場は成長していきます。

超大国アメリカの株価は世界経済が拡大すればするほど、対外的なパイが広がっていき収益規模を伸ばしていきます。

更にアメリカ国内の人口も移民の流入により先進国の中で人口が増加し続けるという国内要因まで備わっています。因みに2100年には4億6000万人に到達するともいわれています。


(参照:http://inagrafam.com/2016/09/19/nydow-growing-a/)

今後も外需、内需共に拡大する超大国米国にベットしていくのは非常に賢明な選択肢であるといえるでしょう。

日本でも米株に連動型の上場投資信託であるETFは各ネット証券で購入可能なので検討してみましょう!

仮に1000万円のうち500万円を預けた場合、30年後60歳になった時点では2500万円程度になることが想定されます。

私募ファンドであるヘッジファンドへの投資

積立型外資保険で2700万円、現在の1000万円のうち500万円を使った米国株価連動ETFで2500万円、合計で5200万円となります。

つまり、まだ残っている500万円を30年後に5000万円にする必要があります。

500万円を30年後に5000万円にするのは年率いくらの利回りが必要でしょうか?

丁度8%の運用を行えば、30年後に10倍の5000万円になります。10%の運用を行えれば8000万円になります。

因みに投資会の巨人バフェット氏の年平均投資利回り22.6%で計算すると22.5億円になりました、最早化け物の域ですね。

年率8%~10%といえば、資産運用を行う上では平均的にねらっていく利回りになります。

ヘッジファンド投資の魅力

8%~10%の運用利回りを求めて投資する先として、おすすめするのはヘッジファンドです。まずは以下の図をご覧ください。

ヘッジファンドは欧米の富裕層や、ハーバード等の年金基金が資産を守り育てる為に活用している投資ファンドになります。

上の図をご覧いただけると分かりますように、運用利回りは世界の株価指数をアウトパフォームしております。

ヘッジファンドはいついかなる相場環境であっても、絶対的な収益を追求するファンドであり、一度預けたら預けっぱなしで、優秀なファンドマネージャーによって相場環境に合わせて運用が為されます。

管理人の東大時代の同期の外資系金融やアセマネ等の金融業界の第一線で働いている友人も、自分たちが会社の規定で運用が出来ないため、委託先としてヘッジファンドを活用しています。

富裕層やエリート層がこぞって活用しているのが、ヘッジファンドなのです。

更にヘッジファンドに投資する醍醐味は、相場全体の動きと連動しないことが挙げられます。米ダウ平均や日経平均が下落するさなか、収益獲得を目指すのがヘッジファンドだからです。

実際私が投資しているヘッジファンドでは、リーマンショックやチャイナショックを経験しても、一度も運用成績がマイナスになりませんでした。

その意味でも、先ほどポートフォリオの一つとしてあげた、米株価指数連動ETF投資とバランスが取れていると言えます。

ポートフォリオを組成する際に最も注意しなければいけないのは、分散投資した資産の相関性を低くしなければいけないという点です。

例えば、日経平均と米ダウ平均株価は、概ねおねじ動きをします。というより、日経平均の寄り付きはほぼ、前日のダウ平均株価が上がったか下がったかに依存します。

このような状況で、ポートフォリオの50%を日経平均連動ETF、残りの50%を米ダウ平均連動ETFで組んでいては、全く分散投資している意味がないと言えるでしょう。

要するにヘッジファンド投資の魅力は以下になります。

・高い運用パフォーマンス
・預けたら、そのまま放置で運用を任せる。
・どのような相場でも運用収益を狙う絶対収益型
・市場平均と連動しないパフォーマンス

ヘッジファンド投資の注意点

ヘッジファンド投資は魅力的ですが、注意しないといけない点があります。

それは、最低投資金額の高さです。海外の著名ヘッジファンドでは最低投資金額が1億円以上に設定されています。

日本のヘッジファンドであっても最低投資金額は1000万円以上を設定している場合が多いです。

これは金商法の関係で半年間で新たに投資できる枠が限られており、一人当たりの投資金額が大きくないと成り立たないということが理由となっています。

その他にも、時間的、金額的にも顧客管理コストが低く、運用に集中できるということも一因としてあります。

今回500万円を投資する前提で書きましたが、ヘッジファンドによっては1000万円未満であっても、今後運用に満足した場合の増資を前提に、1000万円未満でも受け入れてくれるファンドは存在します。

実際私が最初にヘッジファンドに投資した際の金額も500万円でした。是非直接問い合わせてみることをおすすめします。

日本のヘッジファンドってどうなの?

また海外の著名ヘッジファンドに比べて、日本のヘッジファンドの運用利回りは芳しくないのではないかと思われている方もいらっしゃると思いますが、そんなことは全くありません。

私のポートフォリオの主軸を占めるヘッジファンドでは以下のような成績を残しています。

2017年運用利回り20%超
過去10年間常にプラスの運用
年平均10%

以下の世界の著名ファンドと比べても、遜色ない寧ろ勝っている結果を出していると言えます。然も安定して10%程度なので、500万円から8000万円も狙っていけます。

管理人おすすめのファンドについては以下に纏めておりますので、参考にしてみて下さい!

【合わせて読みたい】
ヘッジファンドの優位性について徹底解説

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

資産運用の必要性を徹底解説!

仮想通貨でいきなりまとまった資金が出来た方におすすめの資産運用

NO IMAGE

元本保証の代表格定期預金について徹底解剖!おすすめの銀行と金利について解説!

資産運用におけるプロと自己運用の違い

NO IMAGE

マクロ経済スライドをわかりやすく解説~貴方の年金が将来相対的に減額される~

初心者の為の資産運用法を徹底解説~13種類の方法をおすすめ度別に比較~