40歳からの資産運用

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!今日は40歳からの資産運用という題で書いていて行きたいと思います。

現在私は32歳で、妻一人子供二人を扶養しており、ここから子供たちの教育費が年々嵩んでいくと考えると貯蓄できる余裕というのは少なくなってくると想像しています。

給与収入だけでしたら、貯蓄できず働けど働けど資産が溜まっていかないという壁に直面する年代それが40代です。

40歳といえば、会社の中でも中堅といわれる年代ですが、人生90年時代の中にあっては漸く折り返し地点という位置づけであり、まだまだこの先の人生は長く、全体的にみても脂が乗ってきた年代といわれる世代です。

今回はそんな40歳がどのように考えて資産形成を行っていいかということをおすすめの手法とともに書いていきたいと思います。

時間の価値

まず時間は価値を持っており、いいかえるとお金そのものだということが出来ます。

当然1年という時間があれば、労働収入でお金を稼ぐことができますし、資産運用でお金を作ることが出来ます。

大学の経済学部で最初の方に習うことなのですが、
現在の100万円と1年後の100万円の価値は異なります。

これは例えば国債や預金などを行うと、例えば分かり易く1%の金利だとすると、
安全に現在の100万円を101万円に増やすことが出来ます。

この為、現在の100万円と1年後の101万円は同じ価値を持ちます。

その為、40歳時点での1000万円と60歳時点での1000万円では根本的に価値が違っています。

例えば、安全に運用するとして年率2%の運用ができると仮定すると、
40歳時点での1000万円は60歳時点での1500万円の価値をもつことになります。

40歳という年齢は資産運用を行う上では、60歳までで20年もあり投資をし始める
のに決して遅い年齢ではなく、寧ろ十分チャンスがある年代と言えます。

どれくらいの割合を投資に回すべきか?

資産運用を行うとしても、生活費も嵩む年代ということで、どれくらいの割合を
投資に回すべきか判断がつきにくいところと思います。

ここで一般的に言われているのは投資に回す割合の以下公式です。

投資割合= 100 – 自分の年齢

つまり
20歳であれば80% (因みに当時私は100%でした)
30歳であれば70%(現在私は80%程度投資に回しています)
40歳であれば60%
50歳であれば50%
60歳であれば40%
70歳であれば30%
80歳であれば20%

私自身この公式に納得感があります。

若ければ若いほど、仮に投資で失敗したとしても、その後の労働収入
によって挽回することが出来るからです。

また若ければ若いほど、資産も少ないので投資する割合を
高めないと資産運用の意味が小さくなってしまいます。

目指すべき運用利回り

投資に回す割合が60%と決定したところで、目指すべき運用利回りがいくらかを算定していきましょう!

40歳時点での資産が1000万円、2000万円、3000万円の場合の必要な運用利回りを考えていきます。

40歳時点の総資産が1000万円の場合

先程の公式に当てはめますと、投資にまわせる金額は
1000万円×60% = 600万円となります。

これを追加投資を行わず各利回りで回した時の60歳時点の資産は以下のようになります。

5%で運用:1600万円
10%で運用:4000万円
15%で運用:1億
20%で運用:2億3000万円

15%で運用すれば1億円に到達することが出来ます。

15%を出し続けるというのは、中々難しいですので
毎年100万円を追加で投資に回し続けた場合
10%で運用したら60歳時点でジャスト1億円に到達することが出来ます!

40歳時点の総資産が2000万円の場合

公式に当てはめた場合の投資金額は2000万円×60%=1200万円
となります。

これを追加投資を行わず各利回りで回した場合の60歳時点の資産は
以下のようになります。

5%で運用:3200万円
10%で運用:8000万円
15%で運用:2億
20%で運用:4億6000万円

更に毎年50万円ずつ追加投資を行えば10%で運用することにより
1億1000万円に到達することが出来ます!

40歳時点の総資産が3000万円の場合

投資に回すことができる資金は3000万円×60%=1800万円となります。

これを追加投資することなく、各運用利回りで回した時の
60歳時点の資産総額は以下のようになります。

5%で運用:4800万円
7%で運用:7000万円

10%で運用:1億2000万円
15%で運用:3億
20%で運用:6億9000万円

更に毎年100万円追加投資すれば、
7%で運用しても1億1000万円に到達します!

おすすめの資産運用

いずれの場合も、7%~10%で運用すれば60歳時点で1億円に到達
することが分かりました。

この利回りを出すのは決して難しいわけではなく、十分達成可能な
利回りとなります。

40歳時点で投資の経験がない場合、いきなり自分で大切な資産を
投資することはおすすめできません

いきなり投資を行うと大学時代の私のように大幅な資産を失うことになりかねません。
仮に自分で投資を行うにしても、理論を勉強してから行うことをおすすめします。

資産を預ける先として管理人がおすすめするのは私募ファンドであるヘッジファンドです。

ヘッジファンドは以下のように、株価指数を上回るパフォーマンスをあげており、
90%以上がマイナスの運用成績という日本の投資信託に比べて圧倒的なパフォーマンス
を上げ続けています。

更にヘッジファンドといえば海外のイメージがありますが、日本にも以下のような
素晴らしいパフォーマンスを上げ続けているヘッジファンドが存在します。

2017年度利回り20%を達成
毎年の平均利回りは10%超
運用開始以来マイナス運用利回りは無し
チャイナショックとブレクジット時も10%程度

これは驚異的な成績で、海外の著名ヘッジファンドの成績を凌駕しています。
因みに、参考までに以下が2017年度の著名ヘッジファンドの成績になります。

この日本のヘッジファンドは運用手法が堅実で、安定した利回り10%以上を出してくれるので、このファンドを主軸にかまえつつポートフォリオを組むことをお勧めします。

分散投資の必要性もありますが、そもそもヘッジファンド自体が数十銘柄に投資を
しておりますので十分に分散投資をしております。

その為、更に分散投資を過剰にする必要はありませn。

またヘッジファンド投資には更に魅力があります。
それは四半期毎に送られてくる運用レポートです。

この運用レポートには投資判断に至った理由や、売却までに
どのような活動をしたか、何故株価が上昇したか、そして
何故そこで売却したのかという理由が記載されています。

一流のファンドマネージャーの投資哲学を実践的に学ぶことが出来、
将来自分で投資を行う際の糧になります。

自分で投資を行っていく場合も、そうでない場合もヘッジファンドへの投資
をおすすめします。

以下は私のおすすめファンドランキングとなりますので参考にしてみて下さい!

 

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高配当利回り株式投資を紹介~配当利回り20%の株に投資する方法とは?~

初心者の為の資産運用法を徹底解説~13種類の方法をおすすめ度別に比較~

個人で行える投資を手法別に徹底比較

【2018年】日本のおすすめヘッジファンドと投資する際に気をつけたいポイント

【2018年】1000万円を資産運用する人必見!おすすめの投資先を徹底的に解説す...

NO IMAGE

株主還元策である配当(増配)と自己株買いの違いについて解説する