5000万円の資産運用と100万円の資産運用の考え方が根本的に違う理由を解説する

Pocket
LinkedIn にシェア

こんにちは!ワタルです!

今回は、ほぼ私と同じ5000万円程度の資産を保有している方に向けて、100万円程度の資産を運用するのとは根本的に考え方を変える必要があるということを説明していきたいと思います。

今回のポイント
・5000万円は100万円と異なり人生プランに関わる非常に大きな資産
・5000万円は安全に5%から10%で運用すれば大きな資産を築ける
・100万円は大きく増やす為に分散投資はあまり必要ないが、5000万円の運用ではある程度必要
・分散投資を行う上では異なった動きをする資産を組み入れる必要性がある
・個人レベルで分散投資を行うにはヘッジファンドを組み入れいることにより自身の資産ポートフォリオの安定性を増すことが出来る。

 

5000万円という資産の重要性

5000万円というと億万長者とはいかないまでも、十分に大きな資産であり、この資産を築かれるには大変な苦労をされたことだろうと想像します。

私も最初は幼少期のお年玉の積み重ねと大学時代のバイトを元手とした投資、会社に入ってからの貯蓄と安全運用によって、なんとか30歳超えたところで築くことができた資産のレベルです。

100万円も普段の生活を行っていくには大きなお金であることは間違いないのですが、仮に100万円を失ったことで人生が変わるわけではありません。

しかし、5000万円を失ってしまったら人生プランは劇的に変わってしまいます。

私は現在32歳ですが40歳時点で資産1億円を目指し毎年10%程度の運用を目指していますが、仮に5000万円を失ってしまったら1億円の目標は露と消え去り、またコツコツと労働収入を元に節約して種銭を作るところから始めなければなりません。

つまり5000万円を運用する際は資産を失う又は減らすことを極力減らすことに注力しながら安全運用を行うことにより、より安全に1億円更には2億円の資産を築いていくことができるのです。
種銭が100万円であれば、最初に大きく増やす為にリスクを冒した投資も必要になってきますが、5000万円という大きな金額でリスクを敢えて大きくとる必要はありません。

分散投資の度合の違い

100万円の資産運用では分散投資をすることにより、大きく利益を狙った投資の利益が減少してしまうため、あまり分散投資を行うことを推奨しませんでした。
例えば100万円を10個に10万ずつ分散投資して、1つが20万円に増加して他が変わらなければ、110万円にしかなりません。つまり利回りは10%ということですね。
10%の利回りは資産運用を行う上では株式市場の過去200年平均成長率6.7%を超える十分な利回りなのですが、元手が少ないため微々たる上昇にしかならず埒が明かないのです。

100万円を10%で運用できたとしても、20年後に700万円にしかならず老後の安定資産を築くことはできません。

 

その為、その為、100万円という資産を元手に大きな資産を築く為には、大きく値上がりしそうな投資先に一点集中させる必要があるのです。

一方、5000万円という資産であれば5%と10%で運用するだけれで、以下のように大きな資産を築くことが出来るのです。
10%で運用できれば8%で1億円を達成、20年後には3億3000万という一大資産を築くことができるのです。5%で運用しても15年で1億円に到達します。
5000万円という資産は分散投資をすることにより、資産を大きく失うリスクを極小化させることが出来ると共に、5%~10%という比較的達成しやすい利回りを出し続けることで一大資産を構築することができるのです。

分散投資を行う際の注意点

分散投資を行うにしても、同じ値動きをする資産にばかり投資を行っていれば分散投資を行う意味がありません。

例えば比較的同じ動きをする日経平均連動の投資信託と米ダウ平均連動の投資信託を購入していれば、相場下落時に同じ動きをするので資産が大きく下落しますよね。(参照:ポートフォリオ組成時の注意点)

分散投資を行うのであれば、安全性を高める為に出来うる限り異なる動きをする資産に分散投資をする必要があるのです。

ハーバード大学にみる分散投資の例

それでは4兆円程の資産を年平均9%程度で運用できているハーバード大学のポートフォリオを参考にみてみましょう。


(引用:Harvard anagement Companyより管理人作成)

この中でヘッジファンド16%、不動産14%、未公開株20%、Commodity 11%の計61%は株や債券に連動しないオルタナティブ投資と言われるものです。(参照:オルタナティブ投資について詳しく解説)

ハーバード大学の基金を始め、日本の機関投資家もこのようなオルタナティブ投資を通じてポートフォリオに安定性をAdd onしているのです。

おすすめの投資先

ハーバード大学は4兆円程度の資産を保有しているので、投資先は多岐にわたりますが未公開株は個人が投資するのは難しく、不動産は元本が多く必要なので5000万円という資産レベルだとまだ不向きです。

関連記事

またCommodityは値動きが激しく、またそもそも個人が直接原油先物取引などを行うのは難しいです。

その為、5000万円レベルの資産でポートフォリオに組み入れるのであれば、ヘッジファンドという選択肢が最も現実味のある選択肢であると考え私も資産の40%程度をヘッジファンドに預け入れています。

ヘッジファンドとは絶対収益型と呼ばれる如何なる相場環境であっても収益獲得を目指すファンドで市場平均とは異なるパフォーマンスを狙うファンドです。

欧米の富裕層の中でも一般的となっている投資先ですが、以下の緑色の私募ファンド(=ヘッジファンド)の伸びからも分かるように日本でも徐々に浸透しつつあります。


(参照:モーニングスター)

ヘッジファンドとは、そもそも何ものなのか投資信託とは何が違うのかという点については、ヘッジファンドの全貌を紐解くで詳しく解説しておりますので参考にしてみて下さい!

私の投資しているヘッジファンドでは本家本元のバリュー株投資を行い、下落リスクを極力抑えた上で年平均10%程度の利回りを出し続けています。

私がなによりも重宝しているのは、過去の2015年~2016年のチャイナショク時や今回の2018年1月~3月の相場下落局面をほぼ無傷で乗り切っていることです。

確りと市場平均とは異なる良いパフォーマンスを出しており、私のポートフォリオの安定性と収益性を高めてくれています。

合わせて読みたい

 

以下に管理人のおすすめファンドランキングを並べておりますので、参考にしてみて下さい!

 

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5000万円を現金や投資信託で保有してしまっている人必見!低リスクで儲ける資産運...

7000万円のおすすめ資産運用 ~安全に目標の1億円を達成する~

1億円を安全に資産運用して2億円を築きリタイアする確かな方法

資産が5000万円あったらセミリタイア(早期リタイア)できるのか??

5,000万円のおすすめ資産運用法 〜5%から10%の運用により老後の安定資産を...

5000万円を安全に資産運用して10年以内に1億円を形成する、おすすめポートフォ...